toggle
2021-02-19

コロナのペットブームで相次ぐ飼育問題

新型コロナウイルスの影響で、おうち時間が長くなった現在。

ぺットを飼い始める人が増えた中で、飼育放棄が増えています。

 

現在、ペットの需要が高騰しており、市場では子犬の値段が以前の倍近くになっています。

それでもお家で癒されたいなどの理由でお迎えする方が多いのだそうです。

 

ですが、しつけや世話が思うようにできず『思っていたのと違い飼えなくなった』などを理由に、コロナ禍でペットを飼い始めたが、自宅ではやはり飼えないから引き取ってほしいと、保護団体にコロナ禍の前より約2倍近くの相談が相次いでいます。

 

もし、新型コロナウイルスが落ち着き、通常の生活に戻った場合さらに保護の相談や

飼育放棄が増加されるのではないかと保護団体も懸念されています。

 

ペットを飼う前に、飼育環境や、自身になにかあった場合やお金が無くなってしまった時の事など、今後の生活の変化まで見据えて、一生面倒を見切れるか慎重に考えてほしいものです。

 

コロナのペットブームで相次ぐ飼育問題

関連記事