toggle
2020-12-18

ペットの新型コロナ対策

未だ感染が拡大している新型コロナウイルス。

主な感染経路は、ヒト間での飛沫感染・接触感染であると言われています。

 

海外では、飼い主からペットに感染した例が数例あるそうですが、ペットからヒトへの感染は現在は確認されてないそうです。

 

飼い主が感染しないように対策を十分行うことが大事ですがもしもの時のために、飼い主は何をしたらいいのでしょうか。

1.衛生管理をしっかりと行う

普段からペットに触る前後には手を洗う・手指の消毒、過度な接触を避けるなど、通常の動物由来感染症対策を行いましょう。

特にペットの体調が悪い場合は、特に不要な接触を控えることが大切です。

 

2.他の飼い主さんとの接触は最小限に

他の人との会話は感染のリスクを伴います。

そのため、挨拶等も最小限にとどめましょう。

また、散歩から帰った際はしっかりと消毒を行いましょう。

 

3.預かり先を事前に決めておく

もしかかってしまった場合を考え、家族や知人などに連絡を取り、預かり先を事前に決めておくことが重要です。

また、預かり先が見つからない場合は、かかりつけの動物病院などに事前に相談をしましょう。

 

少し面倒なこともあるかもしれませんが、大切なペットのためにしっかり対策を行ってください。

 

 

関連記事