toggle
2020-07-10

マテリアルデザインへの遷移

webページというものは、かなり歴史が長いものです。

訪問してきた人にわかりやすい機能のみならず視覚的なデザインも日々進化を続けています。

 

マテリアルデザインとは

マテリアルデザインは、私たちが使用する機会の多いGoogleが推奨するデザインです。

かなり大雑把に説明すると、

「台紙」「写真」「文字」を貼り付け、書き込んでいきユーザーが貼り付けられた物体に触れると「動き」を起こす。

といったものです。

 

今でこそ、webページでは上記のようなサイトが増えてきて当たり前のように感じますが、5年以上前にもなると「触ったら動き出す」というアクションを起こすwebページはなかなか見かけなかったのではないでしょうか。

 

マテリアルデザインはユーザーに親切

「触ったら動き出す」というものは、ユーザー目線になるとかなり親切なデザインといえます。

「写真をクリック(タップ)すれば拡大し、写真を見やすくしてくれる」「送信やログインをクリック(タップ)すればボタンなどがアニメーションするので誤って2重で送信・ログインをクリック(タップ)せずに済む」

といった動きがあることでユーザーは「このサイトではこういうことをすればいいのか」と直感的に理解できるようになります。

 


 

株式会社エフエーエスでは、ユーザーに配慮したホームページ制作も行っております。

お気軽にご相談ください。

関連記事