toggle
2020-04-13

中小企業はどうやって在宅ワークすればいいの?

 

新型コロナウイルスが猛威を振るっている昨今、企業における就業環境の見直しも求められてきています。

他人との接触の減少を求められる中で、社員や会社を新型コロナウイルスから守るためにはどうすれば良いのか?

システム部門を独自に持つ大企業はともかく、なるべく経費をかけず、何でも自前で用意をしなければならない中小企業は、これを機会に真剣に考えなければいけません。

 

 

テレワークとは?

 

テレ(離れたところ)+ワーク(働く) 離れたところから仕事をする

※「テレフォンワーク」の略ではありませんのでご注意ください。

 

 

テレワーク(在宅勤務)を実現するために

 

自宅に会社の環境をほぼ全て再現しないといけません。

  • 会社PCに入っているファイルが全て使える。
  • 会社PCからアクセスできるファイル(サーバーやNAS上にあるファイル)が全て使える。
  • 会社PCに入っているアプリが全て使える。
  • 会社PCに設定されているメールがそのまま使える。

 

 

リモートアプリで自宅から会社PCをリモート

 

リモート環境に必要なもの

  • 自宅にインターネット回線。
  • 外出先からの場合はモバイルインターネット回線。
  • 自宅にPC、もしくはタブレット。

※スマートホンでも可能ですが、画面が小さすぎて現実的ではありません。

 

リモートデスクトップアプリは無料版から有料版までいろいろとラインナップされています。

最初は、無料版のアプリで試してみるのが良いと思います。

いろいろ試した私の経験では、無料版の中にも非常に安定して速く使いやすいアプリがあり、有料版だから飛びぬけて優秀というわけではありませんでした。

 

非常時にこのような「手段」を持つことは、フレキシブルな対応を可能にし、スムーズは企業活動を実現します。

今からでも遅くはありません。

検討をするべき時期は今です。

 

ご相談をご希望の方は、office@fas-sol.co.jp までご連絡お願い致します。

 

 

関連記事