toggle
2020-04-20

会議こそ危険!オンライン会議とは?

 

コロナウイルスの流行で、「密閉」「密集」「密接」の3つの密を避けることが重要になってきている今、人と直接会うことが避けられる傾向にあります。あなたの会社は、会議室に集まって会議をしていませんか?

会議室は密閉された空間で、社員や役員が密集し、近い距離で会話をするため密接状態になってしまいます。実は会議は感染を広げてしまう可能性のある、危険なものなのです。

しかし会議をしない訳にはいかないという会社も多いでしょう。

そんな時におすすめなのがSkypeを用いた「オンライン会議」です。

 

Skype(スカイプ)とは?

Skypeとは、テキストチャット等でコミュニケーションをとることができる無料サービスのことです。スマホが普及し始めた2010年頃にリリースされ、多くの人に利用されています。

主な機能はチャット、音声通話、ビデオ通話です。個人間のやり取りはもちろん、ビジネスシーンでも遠方の取引先との打ち合わせや求職者との面接など、広く活用されています。

また、導入もかなり簡単で、Skypeアプリをダウンロードするだけで利用することが可能です。難しい設定は必要なく、ファイアウォールと干渉してしまってうまく動かないという不安もありません。

 

オンライン会議とは?

そのSkypeを活用して行う会議が「オンライン会議」です。Skype上で行うことができる「グループ通話」を利用して行う会議のことで、一箇所に集まらなくてもいいというメリットがあり、PCはもちろんスマートフォンからでも参加することができます。

 

グループ通話のやり方は2種類あり、グループチャットを作ってから通話を始める方法と、すでに始めている会話に人を追加する方法です。

 

  • グループチャットを作るやり方

①ホーム画面にある「チャット」を開き、「+チャット」をクリックし、新しいグループチャットを作成します。

②グループチャットの名前を入力します。

③右下にある「→」をクリックし、グループチャットに参加するユーザーを選びます。

これでグループ作成は完了です。

 

実際に通話を行う際は、グループを選択し、通話ボタン(受話器のマーク)をクリックするとグループ通話がスタートします。

 

  • すでに行なっている通話に追加するやり方

①まず誰か1人と通話を行います。

②通話が開始されたら、画面右上にある人のマークと+があるボタンをクリックします。

③連絡先一覧が表示されるので、通話に追加したい人を選択します。(複数選択可)

 

これで相手が通話に応じれば、グループ通話がスタートします。

 

 

どちらも簡単にできますので、今の時期に会議を行う場合はぜひSkypeでのオンライン会議を活用してみてはいかがでしょうか。

また、在宅勤務中のメンバーとリアルタイムでやり取りを行うツールとしてもぴったりです。

 

中小企業のテレワーク・オンライン会議の導入は株式会社エフエーエスへご相談ください。

 

 

関連記事