toggle
2021-05-14

思った通りに写真が撮れないときの解決法

写真を撮っているとき、思った通りに撮れない…。 うまくいかないし、これで妥協しよう…。 こんなことありませんか?   思った通りの写真が撮れるとやはり気持ちいいものですが、なかなか上手くいかないのも現実。 思った通りの写真を撮るには、3つのポイントを意識してみましょう。  

①いろんな写真を見る

思った通りの写真が撮れないのはなぜか、と考えた時、まず上げられるのが「他の人が撮った写真をあまり見ていない」という点です。 いい写真を撮りたいな、と漠然と思っていても、実際の「いい写真」を知らないと、自分の中でイメージが固まりません。 いろいろな自分がいいなと思った写真を見ることで、自分の中の理想の画を具体的に考えましょう。 思った通りに写真が撮れないときの解決法 また、写真をじっくりと見ると、どこから光が入っているのか? 被写体は全体のどこに、どれくらいの大きさで配置されているのか? 背景はどこを使っているのか? など、気づくところが沢山あると思います。  

②たくさん写真を撮る

頭の中でのイメージと、実際に自分でその写真が撮れるかどうかはまた別の話です。 なるべく理想に近づけるために、まずは撮って撮って撮りまくりましょう。 ただやみくもにシャッターを切るだけでは上達しませんので、①で固めたイメージになるべく近づけた、「今の自分が一番上手に撮れた写真」を、たくさん撮ることが大切です。   一番上手に撮れた写真と、自分が理想とする写真を見比べてみると、自分と理想はどこが違って、どこを変えればいいのか分かってきます。 トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、少しずつ理想に近づけていきましょう。  

③人に写真を見せる

自分ひとりで写真を見ていると、どうしても見方が偏ってしまいます。 人に見せることで、自分では気づかなかった部分、例えば「どうして斜めになっているの?」「手前に入っている花は何?」など、いろいろな感想があるでしょう。 無意識に入れてしまっていた部分を知ることで、より他人から見た時に被写体が強調される・他に気が散らない写真に近づけることができます。 思った通りに写真が撮れないときの解決法 写真を見た時に、撮っていない人はどう感じるのか?を知ることで、自分の写真に対する考え方をブラッシュアップし、撮りたい構図がより洗練されます。 例えばこの写真だと、暗めだなと感じるのか、深い色合いがいいなと思うのか、それとも左の鯉に注目してほしいのか。 人の感性も吸収しつつ、自分にとって見せたいポイントがどこなのかを意識して撮るといいですね。     ポイントを3つご紹介しましたが、凝り固まって考える必要はありません。 自分が撮っていて「これだ!!」と思える写真が撮れて、楽しく撮影ができるのが一番です。 自分の構図の幅や、自分より上手だと感じる人の写真を参考に、知識や技術を吸収して楽しいカメラライフを送りましょう。     株式会社エフエーエスでは、SNS専用の商品写真の撮影を承っております。 飲食店やアクセサリー、雑貨など、実績多数! 撮影レクチャーやSNS更新運用サポートもぜひご相談ください。   名古屋でSNS更新するなら 株式会社エフエーエス ↓ https://fas-sol.co.jp/  

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

ご相談・お問い合わせ
SNS運用代行について
関連記事