toggle
2020-01-17

見やすい文章の書き方

文章コンテンツが溢れかえる昨今、ネット上あるいは紙面での文章はいかにキャッチーで見やすく、ファーストビューで情報を得やすいかが重要視されています。

コラムを書いてみたいけど、見やすい文章がなかなか書けない…という方は、レイアウトと言葉の並べ方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

見にくい文章とは?

 

例えば、手帳に関するコラムを書くとします。文字の大きさはフォーマット上変えられないと仮定して、文章を2つ書いてみました。

どちらが見やすいでしょうか?

 

手帳はノートのようなかがり綴じタイプや、リングノートと同型のリングタイプや、自分の必要なものだけ綴じることができ、自由に入れ替えできるシステムタイプや、ノートをまとめて綴じ、ノートを入れ替えることができるトラベラーズノートなど、様々な種類があります。リングタイプはリングが柔らかいものもあります。また、手帳には月カレンダーのみのマンスリー、1週間単位で書けるウィークリー、1日1ページ書けるデイリーの3種類があります。1日1ページの手帳は女性を中心に人気を集めていてマスキングテープなどでデコレーションしたりシールを貼ったりして日記や字の練習やイラストを描くことを楽しんでいる人が多くおり、新しいコンテンツとして楽しまれています。自分の思う通りにカスタマイズできるトラベラーズノートもSNSを中心に注目を集めています。専門店もオープンしました。

 

手帳は

■かがり綴じタイプ

…ノートのように綴じられており、コンテンツは決まっている。

■リングタイプ

…リングノートと同型の手帳。リングが柔らかいものもある。

■システムタイプ

…所謂システム手帳。自分の必要なものだけ綴じることができ、入れ替えも自由。

■トラベラーズノート

…SNSを中心に人気。システム手帳のノート版で、1枚ずつ入れ替えることはできないが、ノートを何冊も綴じられる。

など、様々な種類があります。

 

また、手帳には月カレンダーのみの「マンスリー」、1週間単位で書ける「ウィークリー」、1日1ページ書ける「デイリー」の3種類があります。

1日1ページの手帳は女性を中心に人気を集めており、SNSに自分の日記を上げるユーザーが多くいます。マスキングテープやシールなどでデコレーションを楽しんだり、字の練習やイラストを描いている人もおり、新しいコンテンツとなっています。

その他に、自分の思う通りにカスタマイズできる「トラベラーズノート」も、SNSを中心に注目を集めており、専門店もオープンしました。

 

 

①と②の文書を見比べると、②の方が読みやすい、見やすいと思った方が多いのではないでしょうか。ネット上で調べ物をしていて“活字だらけのコラム”に出会ってしまった場合、読み物としては面白いかもしれませんが、情報としては見にくいことこの上ありません。

①と②の内容は一緒ですが、①は最上に画像と文書のみ、②は画像を文章内に配置し、文章を表や図のようにレイアウトすることで見やすくなるよう工夫をしています。

ファーストビュー(第一印象)で「うわ、文字ばっかりだ」と思われてしまうと、読み手の読む意欲が失せてしまいます。なるべく文字の羅列の圧迫感を軽減できるように意識しましょう。

また、強調したい部分に鉤括弧を使ったり、文書の区切りでこまめに改行を入れることも効果的です。例の文章だと、手帳の種類を紹介する部分に関連する図や画像を入れるのもいいですね。

 

 

 

  • 見やすい文章のポイント●

①文字の圧迫感を軽減する

②文章を図や表のようにレイアウトする

③写真は多めに

 

コラムでお困りの方はぜひ弊社にご相談ください。

https://fas-sol.co.jp/

関連記事