toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-09-27

エステサロンのホームぺージ集客で大事なことは?よくある失敗と成功法則

Woman sitting on sofa and using smartphone in the room

エステサロンの利用を考えている方はインターネットで検索して自分に合ったお店を探しています。

ホームページはそのような方へ向けた有効な発信手段です。

今回はエステサロンのホームページを運用する目的や効果についてお伝えします。

よくある失敗と成功法則をおりまぜながら具体的な運用方法についてもご紹介しますので、エステサロン集客をお考えの方はご一読ください。

エステサロンの集客に欠かせないホームぺージ

Webで集客を行う際、ポータルサイトへの登録だけでは十分な効果が得られません。

なぜなら、自店舗の情報が「数あるうちの1つ」になってしまうからです。

自店舗の特徴をアピールするためにはホームページを開設し、お客様にブランドイメージ(自店舗に対する印象)を形成させることが大切です。

人は、そのイメージが自分の価値観と合うと思ったときにサービスの利用や購入を選択します。

よくある失敗

ではどのようにお店の情報をアピールすれば良いのでしょうか。

以下にアピールの失敗例を挙げました。

どれも細かいことですが、お客様の利便性を考えれば大切なことです。

見方を変えれば、ちょっとした工夫や管理で集客数が伸びるとも言えます。

以下の点について見直し、顧客獲得のチャンスを逃さないようにしましょう。

店舗情報が目立たない

店舗情報とは、お店の基本情報のことです。

店名、営業時間や定休日、予約の方法、支払い方法、所在地、店内設備などが挙げられます。

これらの情報は透明性を持ち、お店の営業状況を第三者にはっきりと伝えます。

もし来店したい方にとって店舗情報の記載が分かりづらく、必要な情報が得られなければ、来店したいという気持ちが削がれてしまいます。

電話番号・メールアドレスにリンクが貼っていない

ホームページ閲覧はスマホで手軽にできる時代ですが、「予約したい」と思ったときにタップですぐに問い合わせできないとお客様にとっては不便です。

電話番号をコピーして電話アプリにペーストしたり、記憶に頼って入力したりする手間がかかります。

お店の情報取得から電話の誘導までホームページで完結できるように問い合わせ先のリンクを貼りましょう。

大事な情報が目立たない

Web閲覧者はサイトを訪れたら瞬時に、その情報が自分に必要なものであるかどうかを判断します。

せっかくの大事な情報がホームページの上部に簡潔に明記されていないと、続きを読まずにサイトから離れてしまう可能性が高まります。

店名、連絡先、キャッチコピー、メインビジュアルはスクロールしなくても見える範囲(ファーストビュー)に設置しましょう。

画像が荒い、暗い

ホームページ掲載用の写真に、ピンボケで画像が荒くなったものや、逆光で暗くなったものを使用してはお店の印象を悪くしてしまいます。

写真を撮る際は手ブレ防止のために脇を締め、シャッターはそっと押しましょう。

腕や肘をテーブルに固定するとなお良いです。

また逆光防止のために、被写体の正面か斜めから光が当たるように調節しましょう。

暗くなってしまった写真は、補正アプリやソフトを使用して明るく整えることも有効です。

更新がされていない

ホームページの情報が古いと、閲覧者はお店に不信感を持ちます。

特に料金改定後、速やかに情報の更新を行わないのはトラブルのもとです。

また単に連絡事項を書き込むのではなく、閲覧者の求めるものを捉えた情報発信を行いましょう。

有益な情報を発信し続けるホームページは反響を呼び、アクセス数が増加します。

結果的に集客効果が見込めるのです。

エステサロンのホームぺージの成功法則

ホームページ集客を成功させるには、すなわち上記にご紹介したような失敗と逆の行動を取る必要があります。

しかしその考え方だけは不十分です。

「この情報は何のために必要なのか」、「印象に残るレイアウトや続きが読みたくなる導線とは何か」などを常に分析し、一つ一つの要素に意図を持って構成することが大切です。

次はその具体的な考え方や方法についてお伝えします。

店舗情報を明記する

店舗情報は来店予定の方がお店の現在の営業状況などを確認するのに重要な情報です。

情報の透明性や正確性が保たれるべきなのは前述のとおりです。

では店舗情報をWeb閲覧者の目につきやすくするために、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

ファーストビューに必要な項目と、それ以外の店舗情報について、注目を集める工夫を下記にまとめました。

店名、電話番号、営業時間は最初に開いた画面(ファーストビュー)で見える場所に設置

店名、電話番号、営業時間はお店を特定する上で特に重要な情報なのでファーストビューに設置しましょう。

次にデザインを工夫して注目度を上げましょう。

 

フォントサイズは他のアピール項目より大きめに設定すると分かりやすいです。

電話番号のリンク情報はクリックボタンを濃い配色するほか、「タップで電話をかける」などの説明を付加することで動作がわかりやすくなります。

問い合わせ先、住所、地図は目立つように配置する

お客様が自店舗までアクセスしやすいように住所や地図はホームページの目立つ位置に配置しましょう。

また、問い合わせフォームを目立たせることによって自店舗に興味を持っているお客様の疑問解消やサービス利用の後押しになります。

問い合わせフォームの入力項目は、多いと入力する気持ちが削がれるため、最低限の項目にすることがポイントです。

ホームページを読む際の人の視線は左から右へ流れるため、誘導したいコンテンツは右側に置くと効果的です。

情報に優先順位をつける

ホームページの情報は優先度を考え、見やすく整理されていることが大切です。

情報過多になると閲覧者は読む気が失せてしまいます。

閲覧者が知りたい情報を簡潔に伝え、画像の数とのバランスを取りましょう。

またテキストや画像が洗練されたデザインでは、閲覧者の視線はZ型に流れていきます。

従って、情報を伝えたい順にZ型を描くように配置しましょう。

エステサロンのキャッチコピーを考えて訴求する

提供サービスの価値で選ばれるサロンになるには、共感できるキャッチコピーが必要です。

利用者アンケート等で以下のような情報を集め、キャッチコピーに入れましょう。

・ターゲット層の悩み 例:痩せたい

・悩む理由 例:健康的な体づくりのため

・具体的なエステ効果(嘘や誇張はNG) 例:3か月でマイナス5キロ

キャッチコピーは定期的に見直し、お客様の悩みの変化に寄り添いましょう。

具体的なキャッチコピーの作り方は、書籍などを参考に工夫してみましょう。

イメージに合う画像を使用する

イメージに合ったメインビジュアル(ファーストビューに表示する画像)を設定しましょう。

室内を暖色系の照明が優しく照らす写真は、温かい感じやリラックス空間を印象づけます。

また白を基調とした室内は、さりげなく観葉植物も一緒に撮影したり、差し色に淡い緑の模様を追加したりすると癒しの雰囲気や爽やかさが漂います。

ただし写真加工は最小限に留め、自然体の写真でお客様の信頼を得ましょう。

近頃はスマートフォンやiPhoneでも高精細な写真を撮影することは可能です。

ご自身で撮影する場合は、写真の撮り方や構図の作り方に関して書籍やWebサイトを参考にしてみてください。

エフエーエスでは、Webサイト作成のほか、現地への取材や撮影も行っております。

ご自身での撮影が難しい、プロの機材で撮影してほしいというご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

ブログ・コラムは見込み客にとって有益な情報を投稿する

見込み客とは、自店舗の情報を知っていて興味はあるが、まだ利用していない顧客層のことです。

見込み客が求める情報はホームページには掲載しきれない「実際のところ」の情報です。

そこで、ブログ・コラムを開設し、以下のような内容を投稿することをおすすめします。

  • 設備の紹介
  • お悩みに合わせた施術の紹介
  • お客様の声
  • 美容に関するお役立ち情報
  • 地域の美容・健康情報

これらの内容に共通することは、見込み客の疑問や悩みを解決できる記事であることです。

自分のサロンに来るお客様が、初来店の前にどんな悩みを持っているか?を考え、それを解決できるような記事を書くと良いでしょう。

また、サロンがある地域の美容や健康に関する情報(ウォーキングができる公園、健康的なランチを提供しているお店など)を提供することで、そのエリアで美容に興味のある人を集めることもできます。その際は、地域名と自サロンの紹介を盛り込むことをお忘れなく。

 

ブログやコラムは有益な情報を継続して更新し続けることで、ホームぺージのSEO対策もできます。

エフエーエスではブログやコラムの執筆代行サービスを行っており、エステサロン様のコラム作成も実績があります。また、ブログやコラムと連動したSNSマーケティングもお任せください。

ブログやコラムから集客をしたいけれど、何を書いたらいいのか分からない!自社スタッフは忙しくて継続的な更新ができない!というお悩みは、エフエーエスまでご相談ください。

SEOに強いブログ・コラム執筆

エフエーエスでは、エステサロンの強みを活かしたブログやコラムをSEO対策を強化して執筆作成いたします。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

エステサロンのホームぺージは、店舗情報とブランドイメージが伝わることが重要

ここまでエステサロンのホームページ作成についてお伝えしました。

ファーストビューにはお店の店舗情報を正確に分かりやすく伝えましょう。

同じくファーストビューにキャッチコピーやメインビジュアルを配置してお店の特徴をアピールし、ブランドイメージ向上につなげましょう。

ホームページ集客は、お客様が求めるものについて常に考えながら情報を発信することが大切です。

エステサロンのホームぺージ集客、どこかに相談したい…と思ったらエフエーエスにご相談ください

Webマーケティングを専門にするエフエーエスが、エステサロンのWeb集客に関するご質問やお問い合わせに対しいつでもご対応いたします。

SEOに強いブログ・コラム執筆

エフエーエスでは、エステサロンの強みを活かしたブログやコラムをSEO対策を強化して執筆作成いたします。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

エステサロンのセールスポイントを最大アピールできるWeb集客効果の高いホームページの制作にエフエーエスは携わっております。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

エフエーエスは、エステサロンのターゲット層や得意分野を全面に考慮しながら、最適な方法でSNS運用を代行いたします。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

MEO(マップエンジン最適化)の対策

エステサロンのWeb集客効果の向上をさらに図るため、エフエーエスではMEO対策の強化に努めております。

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエス

株式会社エフエーエスのサービス一覧

Web集客の複合効果を狙って、各種の媒体を連携させた総合的なWebマーケティングを推進いたします。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事