toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-11-24

エステサロンのチラシ集客!失敗例と5つの成功ポイント、Webとの連携方法をご紹介

エステサロンの集客を図るため、チラシを作成してポスティングしてみたものの「集客の効果がない」と悩んでいる方は少なくありません。

チラシ集客は効果が高い一方で、効果を引き出すためにはいくつかの大事なポイントをおさえる必要があります。

今回はエステサロンのチラシでよくある失敗例と成功例に併せて、Web媒体との連携方法についてもご紹介しますのでぜひご一読ください。

エステサロンのチラシ集客でよくある4つの失敗例

1.店名・連絡先・地図が目立たない

チラシを見た人がエステサロンに興味を持ったとしても、店名や連絡先、地図が目立っていないと「行こう」という気持ちを希薄にさせてしまいます。

これら3つの情報は一目で分かる配置にして、記載漏れや誤りがないようにしましょう。

また、地図を載せる際はできる限り簡素にして店の場所を分かりやすくし「駅から徒歩5分」「駐車場あり」といった補足情報も忘れずに記載しましょう。

2.目立たせたいゆえにカラフルすぎる

チラシを見てもらいたいという気持ちから、派手で目立つように何色も使用される方は少なくありません。

しかし、色にまとまりがないと見づらいうえ、記載されている情報が伝わりづらくなってしまいます。

デザインの基本である色の配分比率「70(ベースカラー):25(メインカラー):5(アクセントカラー)」を意識し、3色までに留めておくと良いでしょう。

3.どのようなエステサロンか説明をしていない

エステサロンと一言で言っても、痩身やフェイシャル、脱毛、ブライダルエステなど取り扱っているメニューは店によってさまざまです。

そのため「エステサロン」とただ記載するだけでは、どのようなサービスが受けられる店なのかチラシを見た人は理解できません。

さらに、エステサロンを選ぶ多くの人はその店の雰囲気も重要視する傾向が高いといわれています。

「どのようなエステサロンか」「どのような雰囲気の店か」チラシを見ただけで分かる説明が必要です。

4.画像が少なすぎる・多すぎる

画像を載せず文字ばかりのチラシは、たとえ必要な情報を記載していたとしても見る人の目を引きづらくしてしまいます。

また、画像が少ないとどのような雰囲気の店か掴みきれず、初めて来店する人は不安を覚えてしまいます。

反対に画像が多すぎると、文字と画像の余白がなくなり情報が見づらくなるうえ煩雑なイメージを与えてしまう可能性があります。

チラシに画像を載せる際は、読み手が理解しやすいよう文字との間には余白を設けましょう。

エステサロンのチラシ作成で成功するポイントは5つ

1.店舗情報を明記する

チラシを見た人がすぐに来店あるいは問い合わせができるよう、以下の基本情報は必ず記載しましょう。

・店名

・電話番号

・営業時間

・メールアドレス

・ホームページのURL

・SNSアカウント

・バーコード

・住所

・地図

・担当者名

とくにエステサロンは来店前に予約が必要な場合が多いため、予約方法も併せて記載してスムーズ化を図りましょう。

2.情報に優先順位をつける

上記で述べた店舗の基本情報は最優先してチラシに記載すべき情報ですが、来店を後押しするようなキャンペーン情報やメニュー紹介の記載も欠かせません。

しかし、チラシ1枚のなかに記載できる情報には限界がありますし、すべてアピールしてしまうと煩雑な印象になってしまいます。

そこでまずは、とくにアピールしたい情報を書きだしてから優先順位をつけることをおすすめします。

たとえばエステサロンを新規オープンし、新規客を集客したい場合は「オープニングキャンペーン 〇月〇日までフェイシャルエステ60分10000円→5000円」というように、チラシを見た人の来店意欲が高まるように大きく目立つ文字で記載しましょう。

また、メニューの種類が多いエステサロンの場合はとくに売り出したいメニューと、それに見合ったイメージ画像を使用して宣伝すると良いでしょう。

3.エステサロンのキャッチコピーを考える

キャッチコピーは、ターゲット客の悩みに沿う内容であればあるほど、チラシを手に取って見てもらえる可能性が高くなります。

また、他社のエステサロンのチラシと差別化するためにも、印象に強く残るキャッチコピーで集客する必要があります。

たとえばターゲット層が40代で痩身エステをおすすめしたい場合は「40代でお腹の脂肪にお悩みの方必見!最新マシンでウエストマイナス5cm」のように数字と共感性を取り入れ、ターゲット層が魅力的に思えるキャッチコピーを考えてみましょう。

4.イメージに合う画像を撮影しておく

今まで行ったことがないエステサロンがどのような店かイメージできる画像がないと、たとえキャンペーンやメニューに興味を持ったとしてもチラシを見た人は不安を感じて来店をやめてしまうケースがあります。

そこでチラシを見た人が安心でき、どのような雰囲気のエステサロンかイメージしやすいように店内やスタッフ、施術中の風景などの写真を撮影しておきましょう。

もし自分で撮影する場合は、ピンボケや店内が実際よりも暗い印象になってしまわないように「明るさ」「ピント」「背景」の調整を毎回おこなってから撮影に挑みましょう。

5.ターゲット層の居住エリアにこまめにポスティングする

チラシをポスティングする際はやみくもにおこなうのではなく、まずはじめにターゲット層の居住エリアを絞りましょう。

そうすることで集客の効果が高まるほか、チラシの製作費を抑えることが可能です。

なおターゲット層の居住エリアを把握する方法でおすすめのツールが「GIS(地理情報システム)」です。

GISは求めるターゲット層がどこに多く居住しているのか、ネットの地図上に人口比率が表示されるため簡単に分析することが可能です。

加えてチラシは1度配布しただけでは見る人の印象に残らないため、定期的に配布して印象を残す必要があります。

繰り返して接すると好感度が高まるといわれる「ザイオンス効果」も狙い、貴社のエステサロンの好感度も高めましょう。

SNSやホームページと連動してチラシの効果を最大限に引き出す!

チラシをきっかけにSNSやホームページにアクセスしてもらうことで、チラシには記載しきれなかったより詳細な情報を知ってもらうことが可能です。

そこで本章では、チラシの効果をさらに引き出すSNSやホームページとの連動における、3つのコツをご紹介します。

・Web媒体と紙媒体でブランドの世界観をそろえる

たとえば貴社のエステサロンが白を基調としたナチュラルなイメージの場合、チラシに使用する店内などの画像や色合いから「ナチュラル志向のエステサロン」と認識してもらえます。

しかし、Web媒体の画像や色合いをシックにしてしまうと「高級感のあるエステサロン」と認識されてしまい、異なるエステサロンに誘導されたと勘違いされてしまう恐れがあります。

このような認識の誤りが起きてしまわぬよう、チラシとWeb媒体のデザインやロゴなどの世界観は統一させて作成しましょう。

・チラシからSNS、ホームページへの導線を作る

チラシからSNS、ホームページにアクセスしてもらう方法には「QRコード」「検索キーワード」「ホームページのURL」の記載といった3つの手段が挙げられます。

しかし、ただ記載するだけではアクセスにつながらないため、チラシを見たあとにアクセスしたくなるような予約特典やクーポンといったお得情報、メニューについての詳しい内容などの文言を添えることでアクセスと集客の増加につながります。

・SNSやブログ、コラムはこまめに更新をして信頼度UP

チラシの効果を上げるため、SNSやブログをただ作成して放置するのはNGです。

なぜなら、更新されていないSNSやブログ、コラムを見た人は「このエステサロンは現在も経営しているのか」「予約の問い合わせをしてもいいのか」と不安を抱いてしまうからです。

安心感や信頼度を図るためにも、これらの更新はこまめにおこないましょう。

「ブログやコラムで文章を書くのは苦手」「SNSを更新する時間がない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

株式会社エフエーエスでは、ブログ・コラムの執筆代行からSNSの更新代行に対応しておりますので、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

エステサロンのチラシ集客は、5つの成功ポイントをおさえて貴社の魅力を伝えよう

チラシ集客は店舗情報を漏れなく記載し、アピールしたい情報やキャッチコピーを考えてから店内などの画像撮影に挑み、居住エリアを絞ってポスティングするのが成功のポイントです。

さらにWeb媒体と連動させることで、より効果的な集客活動を図ることが可能です。

エステサロンのチラシ集客を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

エステサロンのホームぺージ集客、どこかに相談したい…と思ったらエフエーエスにご相談ください

Webマーケティングを専門にするエフエーエスが、エステサロンのWeb集客に関するご質問やお問い合わせに対しいつでもご対応いたします。

SEOに強いブログ・コラム執筆

エフエーエスでは、エステサロンの強みを活かしたブログやコラムをSEO対策を強化して執筆作成いたします。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

エステサロンのセールスポイントを最大アピールできるWeb集客効果の高いホームページの制作にエフエーエスは携わっております。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

エフエーエスは、エステサロンのターゲット層や得意分野を全面に考慮しながら、最適な方法でSNS運用を代行いたします。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

MEO(マップエンジン最適化)の対策

エステサロンのWeb集客効果の向上をさらに図るため、エフエーエスではMEO対策の強化に努めております。

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエス

株式会社エフエーエスのサービス一覧

Web集客の複合効果を狙って、各種の媒体を連携させた総合的なWebマーケティングを推進いたします。

 

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事