toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2024-01-17

企業ブログの作成手順と生成AIを導入するメリットや利用するコツを解説!

企業ブログやコラム記事を作成する際、ユーザーにとって有益な情報を提供するには時間と手間がかかるのが現状です。

今回は企業ブログを作成する目的をはじめ、作成手順や方法、ブログ作成段階で生成AIを導入するメリットとデメリット、さらには実際に生成AIを利用するコツまで徹底解説いたします。

目次

企業ブログを作成する目的と効果

企業や店舗がブログやコラムを作成する一番の目的は、顧客・見込み客との関係性を築いて集客のチャンスを増やすことです。ブログがきっかけになり企業や店舗の認知度が上がると、商品やサービスの利用にもつながりやすくなります。

企業ブログを通してイメージアップが図れるおかげで、企業のPR効果は高まり優秀な人材の確保が期待できます。また企業ブログは低コストで運営でき、アクセス数が伸びれば広告からの収入を得られる効果もあります。

企業ブログ作成の手順とポイント

では、どのように企業ブログを作成したらいいかについて、手順とポイントをご紹介します。

①ブログの目的やテーマを決定

最初に企業ブログの目的とテーマを決めます。目的とテーマが定まっていないと、ブログの内容に統一感がなく、情報の質にバラツキが出てしまいます。

②ターゲット設定

企業ブログを読んでもらいたいターゲットとなる客層と何を伝えたいかを決めておくのが、ターゲッティングのポイントです。発信する情報内容とともに、商品やサービスに見合った適切なターゲットを設定しましょう。

③ペルソナ設定

企業ブログに適したお客様のペルソナを決めておくと、集客率がよくなるケースがあります。ペルソナとは古典劇で使われる仮面のことで、心理学者ユングが名付けた心理学の概念ですが、マーケティング用語で使われる「ペルソナ」は、「理想となる顧客イメージの詳細」を意味します。

ターゲットとなるユーザーを固定してブログを作成するなら、現実に存在するような架空の人物像(年齢・性別・職業・ライフスタイルなど)を具体的に設定しておくといいでしょう。

④キーワード選定

検索エンジンで上位表示されてユーザーに検索してもらうには、キーワードの選び方が特に重要です。企業ブログの作成を進める中で、キーワード選定はSEO対策として欠かせないステップです。そしてキーワードを基に作成した記事で構成されている企業ブログは、Google等の検索エンジンから高評価を受ける可能性が高いので有利です。

⑤タイトルや見出しを決定

ユーザーの興味を引くタイトルや見出しにしましょう。ユーザー目線を意識して、競合他社と差別化したタイトルや見出しにするのが効果的です。

⑥執筆

上記の順で実際に執筆していきます。あらかじめ選んだメインキーワードやサブキーワードを随時入れ込み、ターゲットやペルソナを想定しながら、簡潔で適切な表現を用いてわかりやすくまとめましょう。字数制限があれば見出しや項目に沿ってバランスよく配置して、文体や専門用語はできるだけ統一させます。

なお、著作権の問題を考慮してコピペや転載はせず、ルールに従って正しく引用を行います。

⑦校閲・リライト

執筆が完了したら、校正(誤字脱字など文字や文章の修正)と校閲(内容や文章の意味の確認)を実施します。企業ブログやコラムの信頼度を高めるためにも必要な工程です。

発信後のブログやコラムは、情報のアップデートや修正、新情報の追加などに伴いリライト(書き直し)を適宜行います。リライトで記事の質がよくなるとSEO対策につながり、アクセス数や検索順位の向上も目指せます。

⑧投稿

校正・校閲が済むと、いよいよ投稿に進みます。反響を上げられるようにコツコツと投稿を継続していきましょう。では、SEO対策として効果的な投稿方法は何かあるのでしょうか?

投稿のタイミングや頻度

SEO対策で最も大切なことは、オリジナリティがあり質の高い有益な情報をユーザーに提供できているかどうかです。企業ブログやコラムを投稿する頻度は直接的な影響力を持ちませんが、リライトを含めて週1〜3回でブログを更新すれば、企業ブログやコラムに対する検索エンジンやユーザーからの評価は高まります。また、投稿タイミングについては毎週時間指定して更新すれば、一定のアクセス数の急増が見込めるでしょう。

企業ブログ継続やネタ出しのコツ

企業ブログやコラム記事を継続して発信していくのは大変な作業です。ブログを長く続けるコツやネタ作りの秘訣をまとめます。

ブログ継続のコツ

一つの記事の作成から発信までには時間と労力がかかるので、予算が許せば外注に頼るのがいいでしょう。自社内の担当部署でブログ運営をするなら、共通の作成ルールを定めて個々に業務分担をし、可能なら各人に1テーマで作成から発信までを任せるのがおすすめです。

担当者が1人のみの場合は、自分用のマニュアルに沿って業務を細分化し、効率よく進められるよう常にスケジュール管理します。

なお、ブログ継続の最大の課題はネタ探しでしょう。

ネタ出しのコツ

ブログやコラムのネタは多めにストックしておくと安心です。日常的に情報のアンテナを立て、ネタを思いついたらメモしておきます。

【主なネタ探し方法】

・まずキーワードを1つ考え、派生させる

・自社ネタを用いる

・最新情報やニュースを調べる

・競合他社の情報を参考にする

・SNS情報を見る

・キーワードツールを活用する

・Google サーチコンソールを利用する

・お客様からの質問や意見からヒントを得る

 

企業ブログを作成する方法

企業ブログやコラムを作成する方法は大別して4つあります。人員、予算、業務量などニーズに応じて選びましょう。

 

自社で担当者自身が作成

・自社の担当者や担当部署がブログ/コラム作成や運営を実施

・兼務している担当者の場合は負荷が大きい

自社で生成AIを利用して作成

・自社で生成AIを導入

・無料または有料

クラウドソーシングで作成代行を依頼

・クラウドソーシング会社の登録ライターから選ぶ

・料金/質などに差がある

代行会社に依頼

・ブログの一括管理が頼める、一部依頼も可

・コストが高め

 

ブログ作成に生成AIを導入するメリットとデメリット

ここからは、企業ブログ作成で生成AIを導入し、活用することのメリットやデメリットをご紹介してまいります。

生成AIのメリット6選

生成AIを活用することのメリットは、たとえば以下の6点が挙げられます。

①無料が一般的

生成AIは無料で使用できるのが普通です。高精度・高速機能などの特別なサービスを希望する場合は有料版を利用します。

②コンテンツ作成時間を短縮

AIの最大の特徴は大幅に時間短縮できることです。生成AIに指示文を入力すれば、あっという間にブログ・コラム記事のコンテンツを作成してくれます。

③SEO対策しやすい

AIに作成したいブログのタイトルやキーワードを伝えれば、SEO対策用の文章を自動的に作成できます。

④ヒューマンエラーを低減

生成AIを使用すると、誤字や脱字、文法の間違いなどのヒューマンエラーを確実に減らすことができます。

⑤労力を節約できる

AIに適切な指示を出せば、文章が出来上がるのを待つだけで済みます。AIは学習能力が高く、使用する度に作業の効率が高まり、さらに労力の節約になります。

⑥ジャンルが無制限

専門分野のライターの代わりに、生成AIならジャンルに関わらず、いろいろな内容の記事の作成が可能です。

生成AIのデメリット 5選

では、生成AIで企業ブログ投稿を行うとどのようなデメリットが発生するのでしょうか。ぜひ下記の5つを参考にしてみてください。

①必ずしも正しい情報でない

生成AIは、ネット上で学習した膨大な情報やデータから文章を作成するため、正しい最新の情報とは限りません。場合によっては古いデータだったり、情報が誤っていたりする恐れがあります。

②不自然な文章がある

現在の生成AIだと、不自然な文章を作成してしまうことがよくあります。また、AIは感情を持たず文章自体に気持ちを盛り込むことができない点も考慮しましょう。

③作成後に見直しや修正の手間がかかる

AIが作成する記事や文章は完璧ではありません。情報の新旧や正誤について確認をしたり、不自然な文章や表現がないか見直したりして修正を加える必要があります。

④AIが理解しやすい指示が必要

わかりにくい指示を出すと、AIは利用者の意図を理解できず、希望に合った文章にならない恐れがあります。AIが理解しやすい指示文を心がけましょう。

⑤著作権に触れる恐れがある

ネット情報を学習して文章を作るAIは、作成途中のプロセスで意図せず著作権を侵害してしまうリスクがあります。

おすすめの生成AI

ここからは、ブログ投稿での活用におすすめの生成AIをご紹介いたします。

ChatGPT

OpenAIが開発し、2022年11月に登場したAIチャットサービスがChatGPTです。公開後たった数ヶ月でユーザー数が爆増し、米国Microsoft社から2023年に$100億の投資を受け、世界的に大注目を集めています。ネット上の膨大な情報を学習させ、質問を入力すると自然な対話の流れでAIが回答する仕組みになっています。

2023年3月に新バージョンの GPT-4、同年9月に音声/画像認識機能が公表され、さらに有望視されています。アプリ版とWeb版があり、どちらも無料と有料プランが設定されています。

詳細→ チャットGPT 日本語

Google Bard

Google社が提供している生成AIで、ChatGPTと同様に、Google Bardに指示メッセージを入力すると回答してくれます。日本語バージョンは2023年5月から使用できるようになりました。

アプリ版はありませんが、ブラウザにて無料提供されています。またGmailなどの機能と連携可能です。

詳細→ Google Bard

その他

上記の他に、AIライティングツールとして、Jasper、Autoblogging.ai、国内ではCatchy、Transcope、Rytr、BuzzTaiなど、多数揃っています。

生成AIで企業ブログの質をアップさせるには

生成AIを利用し、スムーズに企業ブログの記事の質を向上させるためにはどういった工夫をすることが効果的なのでしょうか。

まずは生成AIの特徴を理解することからはじめ、下記のような取り組みをしていきましょう。

上位表示されやすいキーワードを選定しておく

検索エンジンで上位表示されるような有効なキーワードをあらかじめ選んでおき、AIに指示を出すようにします。

タイトルや見出し、ペルソナは事前に決めておく

自分で決めておいたタイトル・見出しやペルソナをAIに指示して記事を作成できます。AIを利用すればタイトル・見出しやペルソナ自体を決めることも可能です。必要なら一部修正や変更して再度指示文をAIに入力します。

生成AIが作成した内容の正誤や新旧を必ず確かめる

作成が済んだ内容は、適切かどうか、最新の情報かどうか確かめる必要があります。

不自然な表現を直す

不自然な言葉づかいや表現、単調でつまらない言い回しなどは、ユーザーに関心を持ってもらえるよう工夫して直します。

独自の内容を盛り込む

AIは機械的で一般的な文章になりすぎる傾向があるため、できる限りオリジナリティあふれる内容を盛り込む工夫も必要です。

ペルソナに合った有益な情報になるように仕上げる

設定したペルソナの興味やニーズに合致した内容になっているか、今一度確かめましょう。最後まで読んでもらうため加筆や修正を行なって記事の質を高めます。

質の高いブログやコラム記事を作成することがWebマーケティングで最重要

Webマーケティングでは、SEO対策の点から、ユーザーが信頼できる質の高いブログやコラム記事を作成し続けることが何よりも大事です。量より質優先で、週に1〜3回を目処に時間指定して発信すれば一定の効果が見込めるはずです。

ただし、リライトを含めブログ・コラム記事の作成には相当な時間や労力が必要となります。自社対応するならChatGPTなどの生成AIを活用して時間短縮できますが、それでも見直しや修正は必ず行いましょう。

企業や店舗に最適なブログやコラムの作成・運用は、Webマーケティング専門のエフエーエスにお任せください!

SEOに強い企業ブログの執筆や制作なら、Webマーケティング専門のエフエーエスにぜひご一任ください。SEO対策を含めて多様なニーズに対応できるよう、企業ブログの代行だけでなく、企業や店舗の特色を最大限に活かしたコンテンツマーケティングのご提案をいたします。

ご不明点やお困りごとがございましたら、いつでもご相談に応じますので、どんなことでもお問い合わせください。

SEOに強いブログ・コラム執筆

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

MEO(マップエンジン最適化)の対策

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエスのサービス一覧

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事