toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-08-24

【不動産】売買仲介会社におすすめのWeb集客方法6選!具体的な活用ツールやサービスもわかる

不動産の売買仲介を取り巻く状況は日々変化し、集客に関して不安をお持ちの事業者様も多いのではないでしょうか。

今回はそのような方へ向けて効果的な集客方法や便利な活用ツールについてご紹介します。

是非参考にしてみてください。

目次

売買仲介不動産会社の集客についての悩み

私たちエフエーエスはWebサイト作成、SNS運用代行、コラム執筆代行などWebマーケティングを行っている会社です。

不動産会社のご担当者様からさまざまなご相談が寄せられますが、その中でもとくに多いのが以下のお悩みです。

効果的な集客の方法がわからない

売買仲介不動産会社は、売主側・買主側、両面へのアプローチが求められます。

安定した集客のためには、集客ツールの種類や掲載方法の工夫について理解する必要があり、ゼロから勉強するのは難しいというお悩みを耳にします。

集客にかける時間がない

他業務との兼ね合いもあり、集客に時間を割けない場合もあるでしょう。

まずは簡単に始められる集客方法を知りたい!というご相談をいただくことが多いです。

他社との差別化が難しい

他者と同じような情報掲載の仕方では、自社情報が埋もれてしまいます。

自社の魅力を発信するための方法に、多くの不動産会社様が頭を悩ませています。

売買仲介不動産会社の集客にはWebの活用がおすすめ

Web集客がおすすめの理由

アナログな集客方法として、チラシのポスティングや新聞への広告出稿がありますが、目に止まりにくく、不要と判断され、すぐに廃棄されてしまう可能性があります。

また、限られた範囲にしか配布できません。

その点、Web集客であれば場所を選ばず、不動産情報が必要な幅広い方々への情報発信が可能です。

Web集客の方法はさまざまですが、中には無料のサービスに必要事項を登録するだけで効果が上がる方法もあります。

次の項では6つの代表的なWeb集客方法を、メリット・デメリットを併せてご紹介します。

ぜひ貴社のWeb集客施策の参考にしてください。

売買仲介不動産会社の集客に効果的なWeb集客方法6選!

1.ポータルサイトの活用

不動産ポータルサイトはさまざまな不動産会社の物件情報を掲載しているサイトです。

代表的な不動産ポータルサイト

スーモ、ホームズ、ヤフー不動産などさまざまなサイトがあります。

それぞれの特徴を理解したうえで掲載するサイトを選定することが重要です。

ポータルサイトのメリット

不動産売買という明確な目的を持った方々がサイトを閲覧するため、成約につながりやすいのが特徴です。

ポータルサイトのデメリット

一方で、ポータルサイトは競合他社との情報の比較が容易な環境であり、ただ掲載するだけは効果が期待できません。

したがって、自社が選ばれるための特色を出していく必要があります。

見やすく綺麗な写真、詳細な周辺情報、お客様が問合せしやすい雰囲気づくりが重要です。

そして自社取り扱い物件の特徴に特化したサイトを選び、ターゲットを絞りましょう。

また、条件検索が詳細化されているサイトを選べば、ミスマッチの防止になります。

他社との差別化を図るため、専任媒介する物件情報を増やすのも良いでしょう。

2.Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)の活用

Googleビジネスプロフィールとは、Googleマップ上で店舗などのビジネス情報を表示できるサービスです。

Googleビジネスプロフィール(別ウィンドウが開きます)

Google検索の結果に表示されるため、上位表示されることでお問合せ数に大きく影響します。

MEO(マップエンジン最適化)でGoogleマップ上での上位表示を目指す

Googleビジネスプロフィールで自店舗情報をニーズに合った方の目につきやすくするためには、「〇〇(エリア名) 不動産会社」などの検索キーワードを入力した際に上位に表示させることが重要です。

自店舗情報を上位にヒットさせるための対策をMEO(マップエンジン最適化)対策といいます。

Googleビジネスプロフィールの登録のやり方には、詳細なガイドラインがあります。

ガイドライン違反にならないよう、以下のGoogle公式ヘルプのガイドラインを参考に慎重にビジネス情報を入力しましょう。

Googleビジネスプロフィールガイドライン(公式ヘルプ)(別ウィンドウが開きます)

Googleビジネスプロフィールのメリット

Googleビジネスプロフィールは無料で利用できるため、うまく活用して集客数を増やせれば集客コストの削減につながります。

さらに不動産情報は地域性が重視されるため、Googleマップ検索で自店舗情報にたどり着きやすいのが特徴です。

不動産業界ではGoogleビジネスプロフィールの活用が遅滞傾向にあるので、今のうちに対策をし、競合他社との差別化を図るのがおすすめです。

Googleビジネスプロフィールのデメリット

一般ユーザーが自由に口コミを書き込むのでさまざまなコメントがつきます。

評判の維持・向上のためには、それらに対する返信や営業情報の更新など、まめな管理が必要です。

また、口コミへの対応ルールなどをあらかじめ策定しておくことで、迷わず対応することができます。

3.自社ホームページの活用

多くの方に自社情報をアピールできるチャンスであり、新規顧客獲得につながります。

また、会社情報やサービスを明確に提示しているホームページは信頼向上の一助になります。

次に自社ホームページの作成方法と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

無料のホームページ作成サービス

メリット

コーディングの知識なしに、短時間で簡単にホームページを作れます。

デメリット

無料プランでは使用できる機能に制限があり、イメージ通りのデザインにならないことがあります。

制作会社にホームページ作成を依頼する

メリット

自社の人員の手間を最小限に、クオリティの高いホームページ作成が可能です。

デメリット

費用が高額になったり、必ずしも思い通りの機能やデザインにならない場合があります。

4.ブログ・コラムの活用

自社の取り扱い商品やサービスについてブログやコラムなどを用いて情報発信を行う集客方法です。

ブログやコラムといったWebメディアには自社商品・サービスについて興味のある方々が集まるので安定した集客が見込めます。

以下に、具体的なブログ・コラムの作成方法とメリット・デメリットをまとめました。

無料のブログ作成サービス

メリット

その名の通り無料で運営できます。

設定の仕方も簡単で、メンテナンスは自動で行われます。

デメリット

SEO対策やWebメディアを運営するための知識が必要です。

また、集客の成果が表れるまでに時間を要します。

日々アクセス数の分析を行い、現状課題やユーザーの求める情報とは何かを考え、粘り強く発信していくことが大切です。

ブログ・コラム作成をライターに依頼する

メリット

まず、記事作成の負担が軽減され、業務効率化が期待できます。

また、負担が減ることにより記事を継続的に発信できるのが良い点です。

ブログ・コラムの執筆はキーワードの選定や競合調査など、意外にも手間のかかる仕事です。

私たち株式会社エフエーエスではコラム・ブログの記事作成代行を多くの企業様からお任せいただいておりますので、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

デメリット

記事作成を外注するにも記事内容などの打ち合わせは必要です。

希望通りの記事にならないこともあり、修正には追加料金がかかる場合もあります。

クラウドソーシングなどでライターに依頼する場合は、自社の魅力を発信してくれそうなライターを一から探す負担も考慮しましょう。

5.SNSの活用

スマートフォンの普及とともにSNS利用者が増え、今や情報発信ツールとしてSNSは大きな役割を果たしています。

各サービスの特徴

・Facebook

利用者が実名でアカウント登録をするため、口コミは信頼できるものが多いです。

・Twitter

リツイート機能があり、利用者に情報を拡散してもらいやすいです。

・Instagram

視覚情報に特化したSNSで、静止画のほか短時間の動画、ライブ配信などが可能です。

SNS活用のメリット

自社の存在を知らない多くの方々に自社の魅力を知ってもらうきっかけになり、新規顧客の獲得に期待ができます。

また、商品やサービスの購入を検討する際にSNSの口コミを参考にする方が増加傾向にあります。

良い商品・サービスの提供し、SNS上で話題性をもたせることによって高評価の口コミが増えればさらに新規顧客獲得が期待できます。

SNS活用のデメリット

炎上には注意が必要です。

情報に誤りがないか、誤解を招くような表現はないか、個人情報の扱いは適切かなど、内容を慎重に判断してから投稿することをおすすめします。

6.リスティング広告の活用

リスティング広告はインターネット広告の一つで、特に不動産の売却を考えている方に向けたアピールに有効です。

リスティング広告には2種類の表示方法があります。

検索広告

検索エンジンで入力されたキーワードに対して検索結果ページに表示される広告のことを検索(連動型)広告といいます。

例えば「不動産 売却 ○○市」というキーワードに対して自社広告を表示させることによって不動産売却に関心のある方の集客が見込めます。

広告費はかかりますが、検索画面の上部に広告表示をすることができれば多くのユーザーを自社Webサイトに誘導することができます。

ディスプレイ広告

Yahoo!やGoogleなどのWebページ上に表示される広告をいいます。

「具体的な検索キーワードを検索したユーザー」=「需要や目的がはっきりしているユーザー」に広告を表示できることに対して、ディスプレイ広告は「まだ具体的にイメージが定まっていない」「今すぐにではないが、サービスを利用予定」といった潜在顧客に広告を配信することができます。

画像や動画を使用するので目を引きやすいのが特徴です。

またディスプレイ広告には、リマーケティング(リターゲティング)という機能があります。

リスティング広告に比べてお問い合わせに直結はしづらいものの、自社を認知してもらうことで将来的に想起してもらう可能性を上げることができます。

売買仲介不動産会社がWebで集客・営業を行う上でのポイント

各媒体の連携で相乗効果を狙う

以上6つ紹介したWeb集客方法を複数組み合わせて発信することでさまざまな方へのアプローチが可能です。

また、SNSに寄せられた口コミを自社ホームページ等で紹介すれば、さらなる集客効果を期待できます。

継続的に更新し続ける

情報発信は継続的に行い、顧客層の困りごとや知りたい情報を見極め、状況に合わせて更新することが大切です。

売買仲介不動産のWeb集客、難しい…と思ったらエフエーエスにお任せください

ここで、エフエーエスの各種マーケティング代行についてご紹介します。

SEOに強いブログ・コラム執筆

経験・実績豊富なライターがユーザーの目線に立ち、SEO対策に最適な記事を作成いたします。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ作成

商品・サービスの魅力を引き出す伝え方でより良い効果を出すランディングページをご提案いたします。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

ターゲットの選定から広告内容の決定、そして出稿までお客様のニーズに合わせた運用をお手伝いいたします。

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

MEO(マップエンジン最適化)の対策

SEO対策と同様、キーワード選定、内容などしっかりとしたお打ち合わせの上で効果的な記事を作成いたします。

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエス

Facebook・Instagram・Twitter・LINE@などSNS媒体を連携させた情報発信もお任せください。

株式会社エフエーエスのサービス一覧

まとめ

不動産会社の売買仲介営業に関してはさまざまな集客方法があります。

各社の状況に合わせて今回ご紹介したWeb集客方法を使い分けてみてはいかがでしょうか。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事