toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編Twitterの公式マーク(認証バッジ)の申し込みがはじまる!?
2022-03-29

Instagram広告の費用は?相場も合わせてご紹介!

Instagram(インスタグラム)の広告を出したことはありますか?

Instagram(インスタグラム)は、とても多くの方が利用しているため、Instaguram(インスタグラム)のビジネス運用の際に広告を出すメリットは大きいですが、どのくらいの費用がかかるのか分からず、出していない企業様もいらっしゃると思います。

ここでは、Instagram広告の費用について、相場も合わせてご紹介いたしますので、良ければ参考にしてみてください。

Instagram広告費用

Instagram(インスタグラム)の広告とは?

Instagram広告とは

まずは、Instagram(インスタグラム)の広告とは、どのようなものかをご説明します。

Instagram(インスタグラム)の広告とは、Facebook(フェイスブック)が提供している、Instagram上で、フィード(タイムライン)やストーリーズ、発見タブなどに写真や動画形式で、広く情報を知らせることができるサービスです。

主な特徴として、以下の2点があります。

費用対効果が高い

Instagram広告は、精度の高いターゲティングが可能であり、さらに、ユーザーの購買行動などを促しやすいため、費用対効果が高く、効果的に運営することができれば、売上の向上が見込めます。

フォロワーを効率よく獲得することができる

フォロワー獲得

Instagram広告で、写真や動画を上手く活用したりして、認知度を高めることができれば、フォロワーを効率よく獲得することが可能となります。

Instagram(インスタグラム)の広告の費用の相場

次に、Instagram(インスタグラム)の広告の費用の相場について、ご説明します。

Instagram(インスタグラム)の広告の課金方法は4種類

Instagram(インスタグラム)の広告は、4種類の課金方法があり、それぞれの相場と特徴は以下のとおりです。

アプリインストール課金

アプリインストール課金

広告したアプリがインストールされた数で、課金されます。1インストール、100円から150円程度が相場になります。

アプリがインストールされた場合に課金されるため、成果が分かりやすいと言われています。

クリック課金

クリック課金

ユーザーが広告をクリックした回数で、課金されます。1クリック、40円から100円程度が相場になります。

表示されていてもクリックされなければ、課金されません。関心のあるユーザーがクリックした分だけ課金されるため、販売したいサービスや商品があるときに、おすすめです。

インプレッション課金

インプレッション課金

広告をユーザーが表示した回数で、課金されます。1000回表示で、500円から1,000円程度から出稿できます。

1再生、0.5円から1円程度が相場になります。回数を増やして露出を図り、サービスや商品の認知度向上をしたいときに、おすすめです。

動画再生課金

動画再生課金

広告動画が10秒以上再生されたり、最後までユーザーが視聴した場合に、課金されます。1再生、4円から7円程度が相場になります。

視覚的なインパクトを与えたり、豊富な情報をお伝えしたいときに、おすすめです。

広告の予算を設定することが可能

Instagram広告では、費用を設定することができるため、コストをコントロールしたいときには設定しましょう。

はじめて、Instagram広告を運用する場合は、1ヶ月10万円程度の予算がおすすめの相場です。

ただし、認知を急激に高めたい場合は、数十万円以上の予算が必要となります。

設定方法は2通り

二通り

設定方法は以下の2通りがあります。

1日の予算

広告に支払う1日あたりの費用の平均額を設定することができます。金額の下限は、100円です。

広告が配信されて、消化金額が設定した予算に達した場合、その時点でその日の広告配信は停止されます。

通算予算

全体の広告配信期間のうちに、使用できる予算金額を設定することができます。

この設定をした場合には、広告スケジュールの項目も設定することができます。

常に広告を配信する設定以外に、広告の配信を行う曜日と時間を細かに設定することが可能です。

Instagram(インスタグラム)の広告の種類

最後にInstagram(インスタグラム)の広告の種類について、ご紹介します。

費用対効果を高くするには、広告の種類の特徴を把握することが重要

広告の種類の特徴を把握し、目的にあわせた広告を出すことで、費用対効果を高くすることができます。

Instagram(インスタグラム)の広告の種類は6種類

Instagram(インスタグラム)の広告は、以下の6種類です。

画像広告

Instagram広告とは

1枚の画像と説明文から構成され、Instagram(インスタグラム)のフィードに表示されます。通常の投稿と並び、フィード画面に表示されるため、広告色が薄く、ユーザーにとっても抵抗感がない印象となります。

「購入する」や「予約する」などのコール・トゥ・アクションと組み合わせることで、ユーザーの行動を促しやすくなります。

動画広告

動画再生課金

最長で120秒の動画とテキストを表示でき、Instagram(インスタグラム)のフィードに表示されます。

広告が表示されると自動的に動画が再生されるため、ユーザーの注目が集まりやすく、テロップやエフェクトなどの動的な効果などで、ユーザーが興味を持ちやすくなります。

カルーセル広告

カーセル広告

複数枚の画像と動画をまとめて広告として配信できます。

ユーザーは、広告をスワイプすると写真や動画をチェックできるため、「写真広告」や「動画広告」などより、多くの自社製品やサービスを伝えやすいです。

ストーリーズ広告

画像や動画をストーリーズ内に配信できます。一般のストーリーズ投稿の間に配信されるため、多くのユーザーの目に留まりやすくなります。

コレクション広告

カタログ式のフォーマットで、商品の発見から購入までを促すことが可能です。

ECサイトやネット通販などの企業に人気です。

発見タブ広告

発見タブの特定の投稿内に配信できます。ユーザーの興味や関心に基づいてパーソナライズされ表示されます。

新しい情報を求めているユーザーにリーチすることが可能です。

まとめ

Instagram(インスタグラム)の運用は株式会社エフエーエスへ

株式会社エフエーエスへ

Instagram広告は、Instagram(インスタグラム)の運用をする際に上手く活用することができれば、費用対効果が高いため、売上の向上につなげることができます。

ただ、どのくらい費用をかけたらいいのかなど、悩まれることがあるかもしれません。そのような場合には、株式会社エフエーエスへ、ご相談いただければ、Instagram(インスタグラム)の運用を丸投げでお任せいただけます。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード
エフエーエス
SNS運用代行について
タグ: ,
関連記事