toggle
2020-02-14

SEOって簡単にできないの?③

前回はSEO対策のタイトル部分まで記載しましたが、今回は、「description」の設定方法を説明します。

《description》の設定

GoogleやYahooなどで検索を行うと、検索結果の画面に

ホームページ制作・SNS更新代行 名古屋の株式会社エフエーエス

名古屋、東京、大阪でホームページ制作、SEO、SNS更新代行、データ作成なら株式会社エフエーエス ウェブ戦略でお悩みであればぜひご相談ください。あなたのホームページ更新のお手伝いから指導教育まで実績で評価されています。

 

上記のようにタイトルの下に表示されますが、「名古屋、東京、大阪でホームページ制作、SEO、SNS更新代行、データ作成なら株式会社エフエーエス ウェブ戦略でお悩みであればぜひご相談ください。あなたのホームページ更新のお手伝いから指導教育まで実績で評価されています。」がdescription部分となります。

 

descriptionとは何かというと、検索している人に表示されるページの概要を表示して、titleだけでは表示されない情報を補足しています。

 

この部分でやりがちな作業としては、サイト全体の概要を記載して、全ページに同じ内容の記載を掲載することです。

この部分は、表示されるページの内容を記載する場所なので、複数ページに同じ内容を記載してしまうとGoogleなどは、「重複コンテンツ(同じ内容のページ)」と判断して評価が下がる可能性があります。注意しましょう。

 

それでは、descriptionは何文字で記入すればよいのでしょうか?

パソコンでは110文字程度が表示され、スマホでは60文字程度が表示されることになります。

自分が検索されたいキーワードを入れたいという気持ちは、すごくよくわかりますが、見てくれるのは、検索するユーザーですので、一般的に通じる言葉でdescriptionを記載するのが良いでしょう。

 

description以外にも修正する部分がありますので、次回以降説明します。

 

ホームページの作成、更新、コンテンツの拡充、SNSの運用などお困りの場合は

エフエーエスにお問い合わせ下さい。

https://fas-sol.co.jp/

関連記事