toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編Twitterの公式マーク(認証バッジ)の申し込みがはじまる!?
2021-11-08

Twitterの運用のコツ!企業SNSをうまく運用するには

Twitterの運用のコツ!企業SNSをうまく運用するには

Twitterでの発信は多くの人が反応して情報が拡散されることで、商品やサービスの改善や宣伝効果に役立ちます。

企業のイメージを向上させ、知名度を上げるためにはTwitterの存在は不可欠です。

一方で炎上してイメージダウンになってしまう怖さもあります。

Twitterをうまく運用するにはどうするのがよいのでしょうか。

Twitterの運用のコツ!企業SNSをうまく運用するには

Twitter運用のコツ① 公式Twitterのメリットを知る

Twitterを運用することで得られる企業のメリットとは何でしょうか。

ユーザーとの交流

ユーザーとの交流

ツイートした内容に対して、ユーザーがさまざまな意見を返してくれるのがTwitterの特徴です。

エンドユーザーである顧客の生の声を聞けることは企業にとって大きなメリットです。

商品やサービスに関する問い合わせがあれば、早い段階で答えられることで顧客サービスの向上になり信頼を得られます。

また、開発している側からではなかなか気づかない点をユーザーが指摘してくれることは多々あり、商品開発やサービスを改善するうえで大きなヒントとなります。

時には厳しい声もあるかもしれませんが、クレームこそが改善の源とも言えます。

サービスや商品の認知度アップ

認知度アップ

Twitterの機能であるリツイートは、ツイートの内容を瞬く間に拡散させてくれ、最も早く多くの人に伝達できるツールと言えます。

サービスや商品を紹介するツイートが拡散されることで、より多くの人に認知してもらえます。

企業への親近感

企業への親近感

Twitterのリプライを介してユーザーとのやり取りが気軽にできることで、ユーザーにとって企業を身近に感じることができます。

Twitter運用のコツ② 運用方法を決める

Twitterを始めるにあたり、運用方法を決める必要があります。

より効果的に情報発信をするためには、どのように運用方法を決めていけばよいのでしょうか。

Twitter運用の本で学ぶ

運用の本で学ぶ

まずは基本的な情報を得るためにTwitter運用の本を読んでみましょう。

本の場合、最新の情報ではないものもありますが、まずは概要を掴むための勉強と考え、あとで見返しやすいように付箋を貼ったりペンでマークしながら読み進めていきましょう。

Twitter運用の方法(ガイドライン)を決める

ガイドライン

運用目的がマーケティングなのか広報なのか、ユーザーとのコミュニケーションやカスタマーサポートなのか、目的によって運用方法が違います。

Twitterを運用する目的をはっきりさせ、目的に沿って運用方法を決めることが大切です。

「中の人」を意識する

中の人を意識する

Twitterを発信する担当者のことを「中の人」といい、この「中の人」のキャラクターが話題になることがあります。

Twitterで発信している情報そのものだけでなく、「中の人」に興味や好意を抱く人がいると発信力がさらに高まります。

「中の人」のキャラクター設定とそのキャラクターを壊さないような投稿を心がけることはとても重要なことです。

botを活用して運用する

BOTを活用して運用する

定期的に登録した内容をツイートしてくれるツールをbotと言います。

商品発表のタイミングでツイートしたいときなどの決まった時間にツイートしたいときや、定期的に発信したいときに便利です。

botに登録してしまえば担当者はTwitterの発信時間を気にすることなくほかの作業に集中できるので効率的です。

また、定期的に発信することでユーザーとのコミュニケーションが活発になります。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

ご相談・お問い合わせ
SNS運用代行について

Twitter運用のコツ③ 他の企業アカウントを参考にする

何かと話題になる人気の高いTwitterを運用している企業アカウントをいくつか紹介します。

SHARPシャープ株式会社(@SHARP_JP)

 

SHARPの製品の広報として商品の紹介やSHARPの商品に関する投稿のツイートが主ですが、ユーザーの立場に立って他社の製品を勧める姿勢や、ゆるい日常ツイートやコラムも人気です。

わかさ生活広報部(@WAKASASEIKATSU)

 

サプリメントなどを販売するわかさ生活では、公式キャラクターのぶるぶるくんを使って投稿して、ユーザーとのコミュニケーションに力を入れています。

セガ公式アカウント(@SEGA_OFFICIAL)

 

4人の担当者がいることを公表しており、自社の製品やサービスを投稿する一方で社内の様子を公開したり、中の人がオタクな一面を見せることもあります。

パインアメの【パイン株式会社】(@pain_ame)

 

ユーザーが自社製品でつぶやくとリツイートし、ユーザーとのコミュニケーションを大切にしています。

朝と昼に固定のツイートを投稿し、0はパインアメに見立てた◎を使っています。

東急ハンズ(@TokyuHands)

 

キャラクター分けされた3人で投稿していることになっており、変わった商品を紹介したり、各店舗の周辺情報をリツイートすることもあります。

Twitter運用のコツ④ 注意するポイント

Twitterはメリットの多いSNSですが、注意して運用していかないと取り返しのつかないことにもなりかねません。

特に注意すべき点にについて紹介します。

炎上に気をつける

Twitter炎上

炎上とは批判が殺到したり、特定の議論が治まらない状態に陥ることです。

Twitterが炎上すると企業のイメージダウンになるだけでなく、業績の悪化にもつながりかねません。

不確かな情報や差別的な発言を避け、誰が読んでも傷つかない内容を投稿するように注意する必要があります。

投稿内容は1人で判断するのではなく、複数の目で見て問題がないかチェックしてから投稿するようにしましょう。

炎上する話題とは?

炎上する話題とは

では、炎上しやすい話題とはどういったものでしょうか。

フォロワーが不快だと感じることが炎上のきっかけであることが多く、不快だと感じやすい話題は避けることが賢明です。

不快だと感じやすいものとしてセンシティブな投稿と政治に関する話題があります。

センシティブな投稿

Twitterを見ていると、時折“センシティブな内容が含まれている可能性があります”と表示されていることがあります。

Twitter社は下記5つをセンシティブな内容と定めています。

・写実的な暴力

・成人向けコンテンツ

・強姦及び性的暴行に関するコンテンツ

・グロテスクなコンテンツ

・ヘイト表現を伴う画像

このような投稿をするつもりがなくても、そう受け止められてしまうことがあるかもしれません。

どこをとってもセンシティブな内容と見なされることがないように注意しましょう。

政治に関連する話題

Twitterで政治的な発言をすると議論に発展しやすく、炎上につながりやすい傾向があります。

一部の政党を支持する投稿はもちろんのこと、政治的な発言は避けた方が無難です。

Twitter運用のコツ⑤ 運用代行を頼む

運用代行に頼む

Twitterを運用するにはさまざまなことに注意せねばならず、非常に手間がかかると感じられる方も少なくないでしょう。

しかし、Twitterを運用代行に任せれば、そういった面倒な部分を気にする必要なく運用できます。

Twitterの運用代行とは?

Twitterの運用代行とは、企業に代わってTwitterの運用を行うことです。

Twitterの運用代行を頼むメリット

企業がTwitterを運用する必要がないため本来の業務に集中できます。

また、運用代行会社はTwitterの機能や技術に精通しており、最新情報をもとに運用してくれます。

まとめ

Twitterは今や企業の広報やマーケティング、イメージ戦力に欠かせないツールとなりました。

まだTwitterを運用していない企業は、開始することをおすすめします。

Twitter運用代行を頼むなら株式会社エフエーエス

株式会社エフエーエスでは、Twitterの運用代行を請け負っています。

お客様のご希望に沿ったTwitterの運用で、お役に立てる自信があります。

Twitterの運用は株式会社エフエーエスにお任せください。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

ご相談・お問い合わせ
SNS運用代行について
タグ: ,
関連記事