toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-08-23

税理士がブログを集客に活用したい!検索キーワードを把握して効果的な記事を書こう

こんにちは!名古屋のWeb制作・Webマーケティング会社エフエーエスです。

税理士の皆様、集客のためにブログを始めたいが、何からどのように始めたら効果が出るのだろう…とお悩みではありませんか。

今回はそのような方のためにブログに掲載すべき内容や、自社サイトが検索順位の上位を獲得するための検索キーワードの分析方法などについてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

集客用にブログを始めたいけど何を書けば良いかわからない!

集客の目的でブログを始めるには、ただ「自分の書きたいこと」を書けばいいというものではありません。

商品・サービスを売ることは、お客様の悩みを解決することにつながります。

したがって自社ブログを訪れる方が何について悩みを抱えているのかを考えてみることが大切です。

続いて、お客様が求めている状態(要求、ニーズ)を把握します。

そしてそれについて自社は何をご提案できるのかを示します。

つまり、お客様の求めている情報とは何かを適切に把握し、それに寄り添った書き方で情報発信をすることが重要となります。

企業のブログは「見込み客にとって有益な情報」を書くことが基本

見込み客とは、自社の商品・サービスに興味があり、今すぐそれが必要ではないが、将来的に自社の商品・サービスを購入する可能性がある方のことを指します。

見込み客の方々は、日々さまざまな悩みをインターネットで検索して、解決のヒントを捜しています。

そのような状況のもと、自社ブログにて課題解決につながりそうな有益な情報を見つけたら、実際に相談や問い合わせをいただける可能性が高まります。

もしくはすぐに自社に対してアクションを起こさないまでも、自社ブログのファンになっていただけたり、将来的に相談したいと思っていただけたりすることにつながります。

見込み客のニーズをつかむ方法

では、見込み客のニーズを把握し、課題解決へと導くような情報発信をするにはどのような順序を踏めば良いのでしょうか。

いきなり書き始めるのではなく、いくつかの作業や分析を行い、自社ブログに情報を載せるための対策を立てる必要があります。

今回は、「検索キーワードの洗い出し」と「検索意図」に注目し、見込み客のニーズをつかむ方法をお届けします。

その工程の意味や効果、具体的な手法についてまとめましたのでどうぞご覧ください。

検索キーワードを洗い出す

ブログコンテンツを制作するには、まずテーマとなるキーワードを決めます。

Webユーザーが検索をする理由は、そのキーワードについて情報を求めているからです。

つまり、キーワードの中にユーザーのニーズが隠れているとも言えます。

したがって集客を狙うコンテンツづくりのためには、ユーザーがよく検索しそうなキーワードを想定して洗い出すことが重要です。

自社のビジネスに沿った検索キーワードを洗い出す

まず自社サービスに最も関係のある語を決め、次にそれに関連する語を選びます。

例えば、名古屋にある税理士事務所が検索されることを予想した場合、「名古屋 税理士事務所」をキーワードとして挙げることができます。

このようにキーワードを複数掛け合わせることは、ある程度情報を絞るために重要です。

他にも自社のブログを閲覧する方が興味・関心を持ちそうな語をリストアップします。

無料で使えるキーワード取得ツール

キーワードの選定に困ったらキーワード取得ツールを使うのも有効です。

「ラッコキーワード」は「関連ワードの提案(AIによる提案)」を無料で使うことができます。

ただしフリープランは、1日当たりの利用上限が10回までです。

無料で使うには使用に制限がかかりやすいので慎重な使用をおすすめします。

キーワードの検索ボリュームを取得するツール

検索ボリュームとは、1か月に検索エンジン内で、その言葉が調べられた回数を示す数値です。

無料で使える検索ボリューム取得ツールには、

などがあります。

検索ボリューム数の精度はツールによって異なりますが、おおよその需要を把握するのに役立ちます。

キーワードから見込み客の検索意図をイメージする

他に見込み客のニーズをつかむ方法として、検索意図への注目があります。

検索意図とは、Webユーザーが、どのような背景や事情で検索エンジンにそのキーワードを入力したのか、という目的を指します。

キーワードから検索意図をくみ取ることができれば、ニーズの理解およびその要望に沿ったコンテンツ作りに役立ちます。

結果的に高クオリティな情報を届けられ、サイト自体の評価が上がればSEO対策にも役立ちます。

洗い出したキーワードを検索して上位表示されたサイトを確認

検索結果画面に上位表示されている競合サイトのページを分析します。

まずは、自社ブログにおける未掲載情報があるか確認をし、そのような情報があれば自社のページにも書くと良いでしょう。

次に、競合サイトの情報の伝え方に注目します。

例えば画像や表を用いて表現している他サイトを参考に、自社ページの改善の必要性を検討できます。

さらに、競合サイトが使用しているキーワードの分析も重要です。

特に月間検索ボリューム数が多いものについて自社でも優先的にブログコンテンツ化することでアクセス数増加が期待できます。

検索意図にはどんなものがある?

Googleは、検索意図には以下の4つの分類があると示しています。

Googleはまた、Webブラウザの開発やトップページの外観を決める際は、ユーザーの利便性を第一に考えると公表しています。

Googleのユーザー第一主義の理念に従い、ユーザーにとって有益な情報を届けるにはまず検索意図の把握が非常に重要です。

それぞれについて具体的な検索ワードや、検索した方の心理状態などをまとめました。

1.「知りたい」ときの検索ワード

・「○○○(物事の名称)」「○○○ 特徴」「○○○ とは」「○○○ 効果」など

「○○○(事務所名)」、「税理士 とは」、「税理士相談 メリット」など、それ自体の情報について疑問を持った際によく使われる検索ワードです。

2.「~したい」ときの検索ワード

・「○○○ 作り方」「○○○ 方法」など

「確定申告 やり方」と調べた方には、「自分で確定申告をしたい」というニーズがあると予想できます。

何かの方法や再現を解説する情報には文字よりも、画像や動画で伝えるWebページが上位表示されることが多いです。

3.「~に行きたい(場所やWebサイト)」ときの検索ワード

・「○○○ アクセス」「○○○ 場所」「○○○ ログイン」など

例えば「○○○事務所 アクセス」、「e-Tax ログイン」などの検索ワードが該当します。

目的地が明確化しており、実際の店舗名やWebページ名が指定されて検索ワードが入力されることが特徴です。

4.「~を買いたい」ときの検索ワード

・「○○○ 予約」「○○○ 申し込み」など

検索した商品・サービスに対し、購入意思がある場合に多く用いられます。

ブログ運営の最終的な目的が「集客」であるとするならば、今までかけてきた集客コストが最も成果に転換しやすい検索ワードです。

税理士事務所のブログ集客、難しい…と思ったらエフエーエスにお任せください

ここで、名古屋のWeb制作会社エフエーエスの各種Webマーケティング代行についてご紹介します。

Webコンテンツの運用にお困りの方は是非一度お問い合わせください。

SEOに強いブログ・コラム執筆

今回ご紹介したキーワードの分析・選定はもちろんのこと、エフエーエスでは、サイト検索順位の常時管理および改善や、質の良いコラム内容にするためのコンテンツの追加などSEO対策に効果のあるさまざまなサービスをご提案いたします。

ブログ・コラムの執筆代行だけでも頼みたい…というご相談もお気軽にお問合せください。

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

お客様とのお打ち合わせのもと、企業の魅力アピールのために最適なコンテンツ作りをお手伝いさせていただきます。

経験豊富な弊社スタッフが、多面的視点をもってホームページ掲載企画・サービスについてもご提案いたします。

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

各SNS媒体(Facebook・Instagram・Twitter・LINE@など)の特徴を生かし、お客様のニーズに沿ったSNS運用方法をご提案いたします。

SNS広告のターゲット選定から広告内容・媒体の決定、出稿までお任せください。

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

MEO(マップエンジン最適化)の対策

Googleマップにおける自店舗情報の掲載、および検索順位の向上もSEO対策同様、サポートさせていただきます。

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエス

例えばSNSに寄せられた口コミをホームページで紹介したり、SNSに掲載した最新情報をホームページにも共有したりすることでさまざまなターゲット層にアプローチが可能です。

エフエーエスではこのような媒体の枠を超えた発信に関してもご相談を承っております。

株式会社エフエーエスのサービス一覧

まとめ

今回は、ブログに盛り込むべき内容や、見込み客のニーズ把握の方法などについてご紹介しました。

ブログ集客は地道な作業が必要ですが、着実に運用することで成果をもたらしてくれるはずです。

この記事を少しでも集客のお役に立てていただけたら幸いです。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事