toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編Twitterの公式マーク(認証バッジ)の申し込みがはじまる!?
2022-01-24

Instagramのビジネスアカウントは料金がかかる?SNS担当必見の使い方解説

目次

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントとは

Instagram(インスタグラム)には、個人アカウントとプロアカウントがあり、それぞれで利用できる機能が異なります。さらに、プロアカウントには、ビジネスアカウントとクリエイターアカウントの2種類があります。

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントとは、企業がInstagram(インスタグラム)をビジネス用に運用する場合にInstagram(インスタグラム)が推奨しているアカウントです。

ビジネスに必須な機能や集客のための機能や問い合わせ方法の設定などを細かくおこなうことができます。

InstagramBusinessaccount

ビジネスアカウントに切り替えると料金はかかる?

ビジネスアカウントは「プロアカウント」なため、名前のイメージからすると料金がかかりそうですが、有料で広告を出稿する以外は、さまざまな機能を無料で利用できます。

ビジネスアカウントと個人アカウントの見分け方

プロフィール画面で、「お問い合わせ」「メール」「電話」などが表示されているとビジネスアカウントになります。また、名前の下に、少し小さくカテゴリが記載されている場合もビジネスアカウントです。

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えるメリット

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えるメリット

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えると、以下のようなメリットがあります。

ビジネスプロフィールを設定できる

アカウントのプロフィールに「メールアドレス」「電話番号」「住所」の連絡先を設定することができ、簡単に問い合わせをすることができ、集客に繋がりやすくなります。

インサイトからアカウントの分析ができる

ユーザー分析などに役立つツール「インサイト」を利用することができ、アカウントの分析ができます。

具体的には、ユーザーが閲覧した回数「インプレッション数」や投稿をみたユニークアカウントの数「リーチ」、プロフィールからウェブサイトをクリックしたアカウント数「ウェブサイトクリック」、フォロワーが1日にインスタを利用する平均の回数「フォロワーアクティビティ」などから分析できます。

これらを有効に使うことで、フォロワーに注目されるアカウントにしていくことなどができます。

Instagram(インスタグラム)広告が掲載できる

プロフィールにある「広告」や投稿画面の「宣伝」から、広告出稿ができます。広告は有料になりますが、ターゲットを明確にすることで、効率的にフォロワーを増やすことなどが可能となります。

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えるデメリット

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えるデメリット

上記のように、Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントに切り替えるメリットはいろいろとありますが、以下のようなデメリットもあります。

ビジネスアカウントは非公開にできない

アカウントを必ず公開しなければならないため、誰でも見ることができます。

リールに音楽が付けられないことがある

いろいろな音源をつけることができる「リール機能」ですが、一部のビジネスアカウントでは著作権上使用できない音楽があります。

ビジネスでInstagram(インスタグラム)を活用するならビジネスアカウントがおすすめ

ビジネスアカウウトがオススメ

上記で述べたとおり、ビジネスアカウントに切り替えるデメリットはありますが、使うことができる機能などのメリットを考えると、ビジネスでInstagram(インスタグラム)を活用するならビジネスアカウントがおすすめです。

Instagram(インスタグラム)ビジネスアカウントに切り替える方法

ここからは、Instagram(インスタグラム)ビジネスアカウントに切り替える方法を具体的にご紹介します。

①アカウントを開設する

Instagram(インスタグラム)をダウンロードして、アプリを開き、電話番号またはメールアドレスを登録します。

名前は基本的に企業名やブランド名にすることをおすすめします。ユーザーネームも、わかりやすくてイメージしやすいものがおすすめです。

アイコンやプロフィール文は、企業やブランドのアピールとなるため重要です。また、住所も地図や距離が表示されるため、企業や店舗までのナビをしてくれるため、入力することをおすすめします。

元々使っているアカウントがあればそちらでもOK

Instagram(インスタグラム)でビジネスアカウントを設定は、今使っている企業のアカウントに導入して、そのまま使うことが可能です。

②設定からビジネスアカウント(プロアカウント)に切り替える

設定からビジネスアカウント(プロアカウント)に切り替える

プロフィール右上の三本線のメニューを選択します。メニューが表示されるため、「設定」を選び、次に「アカウント」を選択します。一番下に「プロアカウントに切り替える」のボタンが表示されるため、それをタップします。

いつでも個人アカウントに戻せる

上記の方法と同じく、「アカウント」を選択すると、一番下に「個人用アカウントに切り替える」とあるのでタップすれば、いつでも個人アカウントに戻すことができます。

③ビジネスのカテゴリを選ぶ

ビジネスのカテゴリを選ぶ

カテゴリは企業アカウントに一番該当するものを選択しましょう。

④プロアカウントの種類を選ぶ

クリエイターとビジネスがあるため、ビジネスを選択します。

⑤連絡先を入力する

連絡先を入力する

連絡先はプロフィールに表示され、いつでも編集や消去ができます。

⑥ビジネスアカウントへの切り替え完了!

プロフィール画面で、ビジネスアカウントになっているか確認しましょう。

Instagram(インスタグラム)ビジネスアカウントの運用のコツ+α

Instagramのビジネスアカウントの運用のコツ

ビジネスアカウントを運用するにあたって、以下のようなコツを覚えておきましょう。

世界観を統一する

世界観を設定して、統一しましょう。写真の世界観、プロフィール文や投稿文の口調や雰囲気も統一することをおすすめします。

ストーリーズを活用する

ユーザーにみてほしい情報などをストーリーズで紹介するなど、ストーリーズを有効に活用しましょう。

Facebookとの連携を行う

Facebookとの連携を行うことで、同じ内容の投稿を何度も行う手間などを省くことができます。

連携するとできること

ビジネスアカウントを使ってInstagram(インスタグラム)を投稿し、Facebookにシェアするボタンを選択すると、連動させて投稿したい内容をシェアすることができます。

Facebook連携ができないとき

Facebookページの所有者がビジネスマネージャになっていると、連携にはビジネスマネージャの管理者の承認が必要となります。また、Instagram(インスタグラム)アカウント1つに対し、連携できるのはFacebookページ1つだけなため、注意しましょう。

ショッピング機能を活用する

商品を販売している企業の場合、審査を通過することでショッピング機能が利用でき、直接ECサイトに繋げることができます。

まとめ

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントを活用するなら株式会社エフエーエス

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントを活用するメリットはいろいろとあり、ビジネスでInstagram(インスタグラム)を活用するならビジネスアカウントがおすすめです。ビジネスアカウントを活用しようとお考えであれば、株式会社エフエーエスへ、ぜひご相談ください。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード
エフエーエス
SNS運用代行について
タグ: ,
関連記事