toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2024-02-21

生成AIを企業ブログで使用したい方必見!メリットや注意するべきペナルティとは?

AIが身近に感じられるようになってきた今、ChatGPT、GoogleBard(Gemini)、MicrosoftBingAI という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ChatGPTをはじめとした生成AIは、現在急速に世の中に浸透してきています。AIの生成する文章はかなり完成度が高く、AIだけで記事を書くことも可能になりつつあるのです。

しかし、生成AIはまだ運用が始まって間もないこともあり、SEO対策にも利用できるのか、実際に企業ブログで利用するとペナルティを受けないのかなど様々な不安が残ることも事実です。

そこで今回は、生成AIを企業ブログに使用するメリットやデメリット、ペナルティについても詳しくご紹介していきます。

そもそも生成AIとは?

生成AIとは人工知能の一種です。
さまざまなコンテンツのデータ学習をもとに新しいデータを創り出す技術を持っています。
生成できるコンテンツは文章、音楽、画像、動画、ゲームなど多岐に渡ります。
単なるテキストや音楽を生成するだけでなく記事の作成や作曲、ゲーム開発などに応用することができる画期的なツールです。

AIによる自動生成コンテンツとは

AIによる自動生成コンテンツとは、冒頭でご紹介したChatGPT、GoogleBard(Gemini)、MicrosoftBingAIなどの人工知能が自動生成してくれるサービスを利用して作成したコンテンツを指します。

これらのAIに指示を入力すると、事前に学習したデータから答えを返してくれるため、驚くほど簡単にコンテンツを作成することができます。

生成AIを利用できる代表的なサービス

  • ChatGPTは2022年11月に発表された対話型のAI
  • Google Bard(Gemini)はGoogleが開発した対話型AI
  • Microsoft Bing AIはAIを強化した検索エンジン

いずれも、指示文からニュアンスを汲み取って多角的な視点から回答を得られる利点がある一方で、正確性に欠ける情報や偏った情報が回答される可能性があります。

生成AIコンテンツを企業ブログのライティングに利用するメリット

ここでは、生成AIを企業ブログのライティングに利用する際のメリットとしてどんなものがあるのか、代表的なケースを紹介いたします。

いつでも簡単にコンテンツを生成できる

生成AIを利用すると、多くのコンテンツをいつでも簡単に作成することが可能です。生成AIは様々な業界・ジャンルに対応しているだけでなく、高い精度で正確に作業をしてくれる点も魅力の一つです。

記事の作成時間の大幅な短縮が可能

生成AIは、人間よりもはるかに短い時間で非常に効率よく業務をこなすことができるので、記事の作成時間の大幅な短縮はもちろん人件費も抑えることができます。

そして生成AIは情報をしっかり網羅して書くことや、要約や翻訳などの作業が得意なので簡単に情報収集を行うのに最適なツールと言えます。

ライターの人材不足を解消するサポートができる

生成AIを使えば無料で記事作成ができるため、新たに人材を雇うことなくライターのような作業をこなしてくれます。

また、人の手に比べて素早く記事を仕上げることができるので、ライターの人材不足に悩む方には大変助かるサポート的な役割を果たします。

文章の校正や編集も簡単になる

ライター不足のサポートという面でも有効なのが、文章を簡単に校正することができるAIツールです。

校正ツールを活用すれば、文字や文法の間違いを瞬時に見つけてくれ、表現方法に悩んだときにも様々な提案をしてくれます。AIは、既に世の中に存在するコンテンツの情報を元に学習しているため語彙の引き出しが圧倒的に多くなりやすいのです。

自分一人では思いつかないような表現方法も提案してもらえる可能性が高いため、使っていくだけでご自身の文章力も自然に上がるというメリットも考えられます。

生成AIコンテンツをライティングに利用するデメリット

ここからは、生成AIを企業ブログのライティングに利用した場合にどのようなデメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

情報の真偽性や正しい表現であるか確かめる必要がある

生成AIの回答は、単語や文章のつながりのパターンを学習し、最も確率の高い言葉をつなげて回答を出力しているに過ぎないため、すべてが正確というわけではなく誤ったパターンを導き出してしまう可能性も高いです。

また、存在しない言葉や学習していない事柄についても、情報の中から言葉を組み合わせて回答として導き出すことがあります。このように間違った答えを出力してしまう危険性も考えられるため、生成AIの情報が正しいものであるかは人の目できちんと確かめなければなりません。

そして多様化の広まった現代では読者によって差別表現と受け取れる言い回しも多くあります。

意図せず炎上につながる危険性も考えられるため、最終的にはやはり人のチェックが必要です。

時事的・専門的な情報の生成は難しい

生成AIは、インターネット上に公開していない時事的情報や、専門的な知識が求められるような情報の生成が難しいです。さらにはアパレル業界などトレンドのあるものや、流行しているグルメといった最新情報が求められる内容も、安心して任せられません。

つまり、インターネット上に公開されている情報が少ない分野のAI利用は避けたほうがよいでしょう。生成AIをうまく活用するためには、得意な分野と不得意な分野があるということを理解する必要があります。

独創性に欠ける

生成AIコンテンツは、インターネット上の情報をもとに文章を生成するため、人間が書く文章に比べて独創性に欠ける可能性があります。

他の記事と同じような面白みのない文章になってしまう可能性があるため、注意が必要です。単調でどこか不自然な文章になっていないか、人の目でしっかりチェックする必要があります。

人の感情を揺さぶるための表現力が乏しい

生成AIは、心に訴えかけるような表現力のある文章を書くことには向いていません。多くの言葉の中から、つながる確率の高い言葉をつなげて文章を作っているに過ぎないからです。

結果、無難な文章になりがちで、人間ならではの感情表現や言葉選びなど、繊細で感情豊かな文章の生成には向いていません。

生成AIコンテンツを使用するとペナルティになるか

上記のようなデメリットもあるものの、使い方によってはかなりのコストを削減できるのが生成AIというツールです。

ところで、生成AIの活用はSEO対策の観点でペナルティを受けることはないのでしょうか。

生成AIコンテンツの使用自体はペナルティの問題がない

現在は、生成AIコンテンツの使用自体は問題がなく、ペナルティの対象とはなりません。Googleによると、生成AIは適切に使用している限りGoogle のガイドラインの違反にはならないと明記されています。

AI 生成コンテンツは Google 検索のガイドラインに抵触しますか?
AI や自動化は、適切に使用している限りは Google のガイドラインの違反になりません。検索ランキングの操作を主な目的としてコンテンツ生成に使用すると、スパムに関するポリシーへの違反とみなされます。
引用元:「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」https://developers.google.com/search/blog/2023/02/google-search-and-ai-content?hl=ja

ただし、検索ランキングの操作を主な目的としてコンテンツ生成に使用すると、「スパムに関するポリシーへの違反(https://developers.google.com/search/docs/essentials/spam-policies?hl=ja#spammy-automatically-generated-content)」とみなされるので、注意が必要です。

SEOを意識するなら人間による手直しが必須

デメリットでも述べたように、生成AIが書いた文章はどれも同じようなものになるリスクがあります。何より情報や言葉をつなげただけの人間味のない文章では、読む人の心を掴むことは難しく、SEOの効果も発揮しにくいといえます。

だからこそ、情報の真偽を確かめたり、文章全体を考えて自然な日本語に直していったりする作業も必要になります。

生成AIを使用した企業ブログのライティングでSEO対策する際の注意点

SEO対策を意識した記事作成の場合、AIの生成した文章をそのまま使うのではなく、あくまでも参考程度にとどめておく使い方がよいでしょう。

おすすめの活用方法は、執筆前の情報収集の段階での使用です。また、誤字脱字などの校正に活用するのも効果的な使い方と言えます。

先述したデメリットの観点をみても、SEO対策を意識したライティングとしては、今の段階では人間がメインを担当するのが得策です。

生成AIによる企業ブログのコンテンツ作成を検討している方には、以下のGoogle公式のガイダンスが参考になりますので、関連する項目も含めて参考にしてください。

AI 生成によるコンテンツ作成を検討している方へのアドバイス
すでに説明したとおり、コンテンツの作成方法を問わず、Google 検索で成功を収めるには、E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツの制作を意識する必要があります。

E-E-A-T のコンセプトについては、有用で信頼性の高い、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成ヘルプページで確認できます。さらに、このページを更新して、「誰が、どのように、なぜ」という観点からコンテンツ制作の方針を考えるためのガイダンスを追加しました。

AI 生成コンテンツを使用しているかどうかにかかわらず、このような方法でコンテンツを評価することにより、Google 検索システムの評価基準に沿ったコンテンツの作成が可能になります。
引用元:「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス>AI 生成によるコンテンツ作成を検討している方へのアドバイス」https://developers.google.com/search/blog/2023/02/google-search-and-ai-content?hl=ja#our-advice-for-creators-considering-ai-generation

まとめ

生成AIの活用はコンテンツ作成のスピードがアップする上、大量のコンテンツを出力できるといった魅力があります。

また、現在のところ生成AIを記事作成に利用すること自体は、SEOのペナルティを受けません。

ChatGPT、GoogleBard(Gemini)、MicrosoftBingAIなど といった生成AIは、効率よく文章を作成できる点でとても便利といえます。

しかし、SEO対策においてはまだ問題点が多く、ユーザー(読者)の有益な情報取得の役に立つコンテンツを作成できているかどうかは不明瞭です。まだまだ人間の手による作業が必要となるため、 生成AIは補助材料として使うのが良いでしょう

しっかりとSEO対策をした企業ブログを更新したいけれど時間や労力が足りていない、知識が少なくて自信がないとお悩みの方はぜひ、エフエーエスにまでお気軽にご相談ください。

AIではなく人だからこそ見抜ける細かな部分までしっかりと精査した、質の高い企業ブログを代行いたします。

SEO対策を意識した企業ブログ作成・執筆代行は、エフエーエスにお任せください!

名古屋市の株式会社エフエーエスでは、SEOを意識した質の高い記事作成で多くの企業様のブログ代行を承っています。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

SEOに強いブログ・コラム執筆

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

MEO(マップエンジン最適化)の対策

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエスのサービス一覧

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事