toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編Twitterの公式マーク(認証バッジ)の申し込みがはじまる!?
2021-11-17

Instagram(インスタグラム)の認証バッジってなに?申請の方法やメリットについて徹底解説

Instagram(インスタグラム)の認証バッジとは、アカウントが本物であるということを表すマークです。

認証バッジを取得するにはどうしたらいいのでしょうか?

申請方法や注意点などについて詳しく解説していきます。

Instagram認証バッジ

目次

Instagram(インスタグラム)の認証バッジってなに?

Instagram(インスタグラム)の公式マークのこと

Instagramの認証バッジとは、アカウント名の隣にある青地の歯車に白抜きでチェックマークが入ったものです。

利用者がフォローしたり検索したりしたアカウントが、(ニセやなりすますのアカウントではなく)本物のアカウントであることを証明するマークで、著名人や有名ブランドの公式アカウントによく見かけます。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジを持っている企業

例えば認証バッジを取得したインスタグラムを運用している企業や有名ブランドには以下があります。

ポカリスエット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ポカリスエット【公式】(@pocarisweat_jp)がシェアした投稿

CMで有名な大塚製薬の代表的な健康飲料水。

無印良品

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MUJI無印良品(@muji_global)がシェアした投稿

世界に展開する、衣料、食品から家までをカバーする株式会社 良品計画のプライベートブランド。

ダイソー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ダイソー公式アカウント(@daiso_official)がシェアした投稿

株式会社大創産業が展開する多くの人にとってお馴染みの百均ショップのダイソーです。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジを取得するメリット

では認証バッジがついているとどんなメリットがあるのかを具体的に挙げます。

Instagram認証バッジメリット

Instagram(インスタグラム)の認証バッジで信頼性が高まる

認証バッジを持つことで、公式アカウントであることがアピールでき、アカウントへの信頼性が高まります。

企業やブランドにとっても認証バッチのあるアカウントは、ステータス的にも大きな意味を持ちます。

インスタグラムのユーザーにとって、有名ブランドのアカウントにはこの認証バッジはついていて当たり前になっているので、消費者からの信頼を得るの役立ちます。

Instagram(インスタグラム)のアカウントなりすまし防止につながる

認証バッジのそもそもの役割にもあるように、アカウントなりすましを防止できます。

有名人のなりすましアカウントが昨今問題になりますが、認証バッジはこうしたなりすましを防ぎ、安心感と信頼をユーザーに与えてくれます。

ただ、有名人、有名ブランド以外のアカウントでは、この認証バッジの申請が難しいのが現状です。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジでフォロワー獲得にも

前述のとおり、認証バッジにより本物の公式アカウントだという信頼も生まれるので、フォロー率も上がります。

また認証バッジを保有することで、インスタグラム内の検索で、上位や目立つ場所に表示されるようになります。

検索上位に出てくるアカウントは、インスタグラムのアルゴリズムによってユーザーの好みを分析した結果、おすすめとして紹介したいアカウントです。

つまり、信頼性、ブランド力がより高まり、おすすめとしてユーザーの目にとまる機会がさらに伸び、フォロワーが増えやすくなるのです。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジの基準

Instagram認証バッジ

では、Instagramの認証バッジを申請するには、どんな基準や条件が必要かをご紹介します。

実在の人物で本人であること

アカウントは「実在の個人または登記されているビジネスや団体を表すもの」でなければなりません。

さらにこの個人またはビジネスの唯一のアカウントでなければなりません。

(言語別のアカウントは例外)

多くの人に知られていて、有名である

「広く知られており、よく検索される個人、ブランド、団体を表すアカウント」でなければなりません。

アクティブなアカウントであること

アカウントが「公開されていて、自己紹介とプロフィール写真があり、適用時にアカウントがアクティブ」でなければなりません。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

ご相談・お問い合わせ
SNS運用代行について

Instagram(インスタグラム)の認証バッジを申請する方法とは?

Instagram認証バッジ申請方法

nstagram認証バッジの申請方法を解説します。

本人であることが確認できる書類を準備する

認証バッジ取得の要件を満たしたインスタグラムアカウントと、本人確認書類(写真付き身分証明書、公的ビジネス文書など)を準備します。

WEBサイトなど、Instagram(インスタグラム)のアカウントを紹介してくれる情報を準備

これは任意です。

自分のInstagramアカウントを紹介しているWEBサイト/SNS情報を最大5つまで追加できます。

権威性の高いニュースソースに自分のInstagramアカウントが紹介、引用されていれば、そのアカウントの信頼性も裏付けられ、認知度もあるとInstagramに認められやすくなります。

※有料またはプロモーションコンテンツはNGです。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジ申請方法

上記2つが準備できたら、認証バッジを申請するアカウントにログインして、申請手続きに進みます。

アカウントのプロフィールボタンから始めます。

[設定]>[アカウント]>[認証のリクエスト]まで、タップまたはクリックで進んでください。

[認証のリクエスト]画面で、氏名を入力、画面の指示に従いながら本人確認書類等をアップロードしてください。

必要事項や情報を入力、アップロードしたら、送信ボタンを押して、申請手続きは完了です。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジの審査期間は?

認証の審査が完了すると、申請後30日以内に、[アクティビティ]にアカウントが認証されたかどうかを知らせる通知が届きます。

審査には数日以上や2週間以上かかる場合もありますので気長に待つことをおすすめします。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジは一般人でも狙えるのか?

Instagram認証バッジ個人

有名人、有名ブランド以外のアカウントでは取得が難しいとされる、Instagramの認証バッジですが、一般人は取得できないのでしょうか。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジは有名な方であれば一般人でも取得できる

Instagramの公式マーク、つまり認証バッジは、芸能人やプロのアスリートでなくても、取得できます。

しかし、認証バッジの基準にあるように、多くの人に知られていて、有名でなければなりません。

「有名」度をはかる具体的なフォロワー数や、検索数などはInstagramからは公表されていません。

フォロワー数が1万人未満でも認証バッジがついているアカウントもあるため、もし取得したければ申請する価値はあります。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジの申請する際の注意点

Instagram認証バッジ注意点

認証バッジの取得申請時に注意、留意する点について解説していきます。

認証バッジを申請するにあたって、Instagram(インスタグラム)側から金銭を要求されることはない

認証にあたりInstagramから代金の請求はありません。

また、確認のために連絡をとることもありません。

認証バッジを取得したあとは、ユーザーネームは変更できない

認証されたアカウントは、そのユーザーネーム(InstagramのIDでURLとしても使われる)を変えることはできません。

また、認証を別のアカウントに移行することもできません。

二段階認証を行い、認証バッジを取得したアカウントの乗っ取り対策をする

認証済みのアカウントは、悪質なハッカーから標的にされる可能性も高まります。

認証されると、二段階認証のような追加のセキュリティツールを有効にできるので、アカウントのセキュリティを高めましょう。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジの取れない!再申請はできる?

Instagram認証バッジ

認証バッジを申請したけれど、なぜか取得できなかった…。

そんなとき、再申請はできるのでしょうか。

Instagram(インスタグラム)の認証バッジの審査期間は?却下される原因は?

前述しましたが、認証審査の期間は数日かかることもあり、Instagramからは、30日以内に認証されたかどうかの通知が届きます。

その結果、却下されること場合の原因としては

・送信した本人確認書類の不備や記入漏れ、また不鮮明であったり、端がきれていたりなど

・投稿数が少なく、真正性の判断がつかない

・フォロワー数、インプレッション数が少なく、公式と認定するには不十分

などが考えられます。

本人確認書類に関する部分で心当たりがあれば、解決も早いかもしれません。

フォロワー数などについては、これだけの数があれば、という具体的数値はわからないので、インプレッションやフォロワー数を伸ばすよう対策を打ち立てましょう。

30日後であればInstagram(インスタグラム)の認証バッジは再申請可能

申請が却下された場合でも、30日後に新たに申請することができます。

却下されてから、あきらめずに改善に励んで再度挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Instagramの認証バッジは、取得できれば信頼度は増し、フォロワー数の獲得にもつながり、企業にとっては利益にもつながります。

その申請方法も、アカウントが要件を満たし、必要書類の準備を整えれば、あとは画面指示にしたがって進めることができ、難しいものでもなく、無料でできます。

ただし、あくまでInstagram側が、提出されたデータをもとに審査、判断するので、申請すれば必ずしも取得できるものではなく、日ごろからのInstagramの投稿内容や質の高さなどが問われるものなのかもしれません。

いったん取得してしまえば永久に保持できるものでもありません。

認証バッジの存在を悪用したり、不誠実な運用をしたりした場合は、Instagramから認証が取り消されるばかりか、アカウントが停止になる場合もあります。

認証バッジを取得するためにも、そして取得後も誠実に、ルール規約に則った誠実なInstagramの運用が求められます。

Instagram認証バッジの取得を目指すならエフエーエスへ

Instagramアカウントを持っていて、認証バッジを申請したいけれど、果たして自分のアカウントが要件を満たしているのか、フォロワー数も獲得できているのか、など自信がない場合、そして取得するためにも、取得後も認証バッジをキープするためにも、なにか対策を講じたいとお考えであれば、ぜひ株式会社エフエーエスに、是非お手伝いさせてください。

Instagramの運用のコツをアドバイスからセキュリティまで、よろこんでサポートさせていただきます!

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

ご相談・お問い合わせ
SNS運用代行について
タグ: ,
関連記事