toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-12-28

ハウスクリーニングの集客におすすめのSNSとその活用方法を、投稿内容例と併せてご紹介します

ハウスクリーニング業を始めたものの、集客に悩む経営者は少なくありません。

需要が高くなっているからこそ、競合他社が多いハウスクリーニング業を成功させるには、効率的な集客が必要です。

ハウスクリーニング業の集客に、X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSが活用できることをご存じでしょうか。しかし、SNSのアカウントを開設して、ただ投稿をすれば良いわけではありません。

ハウスクリーニング業で、SNSをどう活用すると集客に効果的なのでしょうか。

この記事では、ハウスクリーニング業の集客におすすめのSNSと、その活用方法についてまとめました。効果的な投稿内容例も紹介するため、SNS活用の集客を検討中の方は必見です。

ハウスクリーニングの集客にはSNSの活用がおすすめ

ハウスクリーニング業の集客方法には、ホームページ作成・ブログ・ポータルサイトなどさまざまな方法があります。中でも、SNSを活用した集客方法はおすすめです。

SNSが、ハウスクリーニング業の集客におすすめの理由をみていきましょう。

無料で始められる

Web媒体での集客はほとんどの場合、広告掲載などの費用がかかってしまいます。紙のチラシを使った集客方法もありますが、広告の作成には人件費が必要です。

しかしSNSであれば、基本的に無料で始められるため費用をかけずに宣伝を行えます。自分でアカウントの開設をして運用ができる方なら、大きなコストをかけずに集客に繋げることが可能です。

創業して間もないハウスクリーニング業で、資金的にもあまり余裕がない場合は、SNSでの集客から試してみると良いでしょう。

とくに独立開業されている方にとって、宣伝費がかからない点は大きなメリットです。

拡散力が高い

SNSを活用した集客方法がおすすめの理由2つめは、その拡散力にあります。現代では、利用する店舗を選ぶ際にSNSの投稿を参考にするユーザーが多数です。

SNSで自社の魅力を上手に伝えられれば、投稿をみたユーザーが拡散してくれるかもしれません。もちろん、魅力的な投稿をするには、少しコツが要ります

それでも、SNSは情報の拡散力が高いため、ハウスクリーニングを探している人だけでなく見込み客にも自社をアピールすることが可能な点が大きな強みです。

また、サービスを利用したお客様がSNS上に口コミを広げてくれる場合も考えられ、問い合わせが増える可能性もあります。SNSを上手に活用して、集客を行いましょう。

ハウスクリーニングの集客に活用したいSNSの種類と特徴

SNSにはさまざまなツールがあり、それぞれの特徴を知って活用する必要があります。ハウスクリーニング業の集客におすすめのSNSは下記の3つです。

  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • LINE公式アカウント

それぞれの特徴と、集客に効果的な投稿内容をみていきましょう。

X(旧Twitter)

ハウスクリーニング業の集客に活用できるSNSひとつめは、X(旧Twitter)です。Xは、最新の情報を入手しやすいため、国内の利用者も多くいます。

利用するユーザーが多い分、認知度の獲得も可能です。Xの利用者は10代~20代の若年層のみならず、50代の中高年までたいへん幅広い層で活用されています。

Xは「いいね」「リポスト」機能による高い拡散力を持っている点が魅力です。投稿が「いいね」「リポスト」されれば、ユーザーを通してどんどん拡散され、フォロワーも多く得られる可能性が高いでしょう。

Xで投稿できる文字数は、通常140文字になります。

月額料金を払い、Xプレミアムに切り替えると、長文の投稿も可能です。ハウスクリーニング業を経営していく中で、必要があればプレミアムに切り替えると良いでしょう。

投稿する内容は、ハウスクリーニングの作業風景やビフォーアフターの様子を写真や動画で身近に伝えるのがおすすめです。また、作業するスタッフを投稿の中で紹介されていると、企業への信頼度が高まります。

Instagram

Instagramは画像や動画の発信がメインとなるSNSです。拡散力だけをみると、Xには劣りますが、画像や動画を使った自社独自のアピールができるため、ブランディングに最適といえます。

Instagramの月間アクティブユーザーは3,300万人以上です。とくに女性の利用者が多く、10代から60代まで幅広い年代のユーザーが利用しています。

画像や動画の投稿は、ユーザーの体験欲求を作れるため新規顧客の獲得も可能です。

拡散力はXに劣るとはいえ、リール動画やハッシュタグによって拡散される可能性があるため、認知度向上の効果も十分期待できます。

ハウスクリーニング業の集客でInstagramを利用する場合、掃除のコツなど、ユーザーが役に立つと思える内容を実践した動画の投稿がおすすめです。

作業風景やビフォーアフターも、動画で投稿するとユーザーにより伝わりやすくなります。料金や期間限定の割引情報などの発信をすると、顧客の獲得に効果的です。

プロフィールに自社のホームページや申し込みページなどへのリンクを設置して、申し込みまでの導線作りも忘れずに行いましょう

LINE公式アカウント

LINEは日本人口の約70%が利用しているといわれており、そのユーザー数の多さから幅広い年代にアプローチが可能です。

LINE公式アカウントではメッセージの配信やタイムラインの投稿ができます。

ただし、LINEはメッセージでやり取りをするアプリのため、情報の拡散力はXやInstagramより低くなりますが、メッセージ機能に特化している分クーポンなどの送信に活用するのがおすすめです。

LINE公式アカウントは、既存の顧客との連絡が円滑にできるため、リピーターの獲得も期待できます。送信したメッセージの開封率が高く、友達登録後の継続率も高い点がLINEのメリットです。

友達追加機能を活用して、セール情報やクーポンの配信などユーザーが惹かれやすい内容の投稿をすると、既存顧客を獲得しやすくなります。

ただし、LINE公式アカウントは完全無料での運用が難しいため注意が必要です。状況に合わせて、有料プランの利用も検討しましょう。

SNSの活用にはブログ・コラムが欠かせない!

先述したSNSは、宣伝にかかる費用がほとんどかからない点と、多くのユーザーが利用していることから高い拡散力があるため、ハウスクリーニング業の集客におすすめです。

しかし、SNSは拡散力が高い一方で、情報を定期的に発信し続ける必要があります。投稿が滞っているアカウントは、閲覧率やフォロワーの数の向上が期待できません。

投稿する内容も、ネタ集め・写真や動画の撮影・文章などを考えなければいけないため、負担がかかります。そこでおすすめの方法が、ブログ・コラム記事の流用です。

SNSと連携することでブログのアクセス数が増え、Googleの検索エンジンで上位に表示されるようになればさらに集客効果を高められます。

ただし、集客に繋がるまで時間がかかるため、長期的な運用が重要です。 そしてSNSは投稿が意図せず炎上する可能性もあるため、内容のチェックを徹底しましょう。

ハウスクリーニング業の経営で忙しい場合や、SNS運用に不安がある場合は、SNS運用代行会社への依頼もおすすめです。

SNS運用代行会社への依頼は、費用はかかりますがWebやSNSの知識が豊富のため、安心して任せられます

まとめ

現代は、老若男女問わず多くのユーザーがSNSを利用しているため、ハウスクリーニング業の集客にも効果的です。

集客の効果が現れるまで時間はかかるかもしれませんが、新規顧客やリピーターの獲得などメリットが多くあります。SNSを上手に活用して、ハウスクリーニング業の効率的な集客に繋げましょう。

もちろん、効果的にSNSを活用するには目的や戦略を明確にする必要があります。自社でSNS運用が難しい場合は、専門家に相談がおすすめです。

エフエーエスは、SNS運用代行やブログ・コラム記事の執筆代行を承っております。ハウスクリーニング業の集客で、SNSやブログの運用を検討中の方は、ぜひご相談ください。

ハウスクリーニングのWeb集客・ブログ執筆代行は、エフエーエスにお任せください!

SEOに強いブログ・コラム執筆

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

MEO(マップエンジン最適化)の対策

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエスのサービス一覧

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事