toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-09-29

葬儀社がブログ運営をしたい・・・メリットとデメリットを知って運用を!

葬儀業界はコロナ禍を経て変化…ブログやSNSを活用したWeb集客を考える葬儀社が増加

2010年以降の葬儀業者の売上高は、1兆7057億円と市場規模は拡大していました。

しかし、2021年の「葬際ビジネス市場に関する調査」によると、2020年には売上高は1兆5060億円に縮小しています。

その理由としては、新型コロナの影響で参列者を身内のみにしたり、火葬のみにするなど葬儀自体を小規模化する動きが見られるためです。

この先2030年になってもコロナ禍前の2019年の水準までは戻らないという予測もあり、規模や飲食機会の減少は、葬儀業界経営の大きな打撃となっています。

このように苦しい現状のなかで集客を見込もうとするのであれば、従来どおりの紙媒体だけでは他社に埋もれてしまう可能性も。

そのため今後はブログ・コラムをはじめとしてWeb上での集客に目を向けることが重要です。

ここではWeb集客を活用することのメリット・デメリット、また、対策方法についてもご紹介します。

葬儀屋・葬儀社がブログを運営することのメリット

ブログを運営することによって、得られるメリットとはどのようなものでしょうか。いくつかの例をご紹介します。

認知度や信頼性の向上

ブログは無料から安価で始めることができるため、誰でも手軽に始めやすいと言うメリットがあります。

葬儀社がブログ運営をすることで、より多くの人の目に触れることになるため、認知度は上がっていきます。

また、葬儀に関する疑問や、役立つ情報などお客様のニーズに適したブログ内容を定期的に更新していくと、お客様からの信頼性も高まっていきます。

集客効果の向上

ブログで、認知度が上がればそれだけ集客のチャンスは巡ってきます。

ブログ運営をする上で重要なポイントになってくるのが、SEO対策の強化です。

たとえば「地域名+葬儀」などの検索キーワードで検索されたときに、検索結果でWebサイトを上位に表示させるための対策を「SEO対策(検索エンジン最適化)」と言います。

こうした対策を徹底していくことで、より多くのブログ読者を獲得することができます。さらにブログ読者から問い合わせを受けることで、見込み客獲得にも繋がりやすくなります。

顧客との関係性構築、コミュニケーション活性化

顧客は来店される方だけではありません。先述したように、ブログ読者が顧客に繋がるケースは少なくなく、多くの方と繋がりを持つことは大切なことです。

ブログ読者と事前にコミュニケーションが取れていたり、あるいは良好な関係を構築出来ていると、実際に葬儀を利用する日が来たときに、自社のことを思い出してもらいやすいという点でもメリットと言えるでしょう。

葬儀屋・葬儀社がブログを運営することのデメリット

一方でブログ運営をする上では、以下のようなデメリットもありますので、注意が必要です。

業務負担の増加

ブログの記事作成は、初心者には時間がかかる作業です。

記事の内容にもよりますが、執筆活動に多くの時間を要します。

また、執筆にまつわるさまざまな準備や、投稿にかかる時間もあり、トータルで10時間以上かかることも考えられます。

さらにSEO強化も兼ねたものにする場合、事前に知識をインプットする必要性があります。

通常の業務をこなしながら、このような作業をするとなると、業務負担が増え、残業しなければならないケースがあることはデメリットでしょう。

炎上リスク

ブログを公開することでトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

たとえば、個人情報が漏洩したり、投稿した記事に批判的なコメントを書かれたりなど炎上するリスクがあります。

こういったリスクには、画像や文章内に個人情報や機密情報に関するデータが残っていないか確認を徹底すること、炎上などのトラブル時の対応方法をあらかじめガイドラインとして策定しておくことなどの対策を行う必要があります。

最新情報への更新が必要

ブログを公開したからといってすぐにアクセスが増えたり、顧客に繋がったりするわけではありません。

これらの結果が出るまでには、最低でも半年~1年くらいかかることもあります。

その期間、定期的に最新情報を更新していく必要があります。ブログは続けることが難しいとされており、結果が出る前にブログを辞めてしまうというケースも少なくありません。

葬儀屋・葬儀社がブログ執筆を外注することのメリット

時間と手間のかかるブログ執筆ですが、比較的外注しやすいという特徴があります。

クラウドソージングで自社サービスに適したライターに記事の執筆を依頼したり、ライティングを請け負っている企業に依頼したりすることで、作業負担を軽減することが可能です。

弊社、株式会社エフエーエスではWeb集客に適した記事のライティング代行を行っております。

外注する場合に挙げられるメリットをいくつかご紹介します。

作業負担の低減

ブログ運用は、記事を書くこと以外にも過去記事のリライトや、イラストや写真を集める作業、その他にも効果があったかどうか数値分析をするなどさまざまな作業をしなければなりません。こうした作業には時間がかかるため、通常の業務に手が回らなくなってしまうことも。ブログ執筆を外注することによって、通常の業務をこなすことはもちろんのこと、マーケティング施策など他の作業に時間を使えることは大きなメリットと言えるでしょう。

運用ルールを作成することで炎上リスクを低減

ブログやコラム執筆を始める際には、運用ルールも作成しておくと安心です。

ブログ運営経験が無い場合、ルールの設定をどのように行えば良いか迷ってしまい、なかなか記事の投稿がスタートできない…というケースが見受けられます。

外注であれば、こうした運用ルールの知識も豊富にあるため、安心してブログを始めることができます。

また、専門性が高い記事内容であるほど、読者の満足度も高まると言うメリットがあります。

継続的な更新が可能

社内のブログ担当者が1人で記事を執筆して更新を継続するのは、骨の折れる作業です。しかし、ブログ記事を外注することで、作業負担を減らしながら、ブログやコラムの更新を継続できます。

ブログの記事は、効果を得られるまでに期間を要するため、継続的に更新することが必要不可欠です。

そのため、外注に依頼すると記事を頻繁に更新することができ、さらに複数の外注ライターに頼めば、いくつかの記事をストックしておくこともできます。

ブログ・コラムを外注する方法は?

ブログやコラムを外注するには専門業者に依頼する方法と、クラウドソーシングのサービスを利用する方法があります。この2つを利用するときのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

ブログ・コラムの執筆代行・記事作成の業者に依頼する

メリット

執筆代行や記事作成の業者に依頼することの大きなメリットは、実績がある業者ほど品質の高いコンテンツに仕上がるということです。

業者のなかにはプロのライターが在籍し、その多くはチームでコンテンツ作成を行っています。

プロの組織が作成する安定した品質の記事であれば、コラムやブログがWeb検索の上位に表示されやすいでしょう。

さらに専門業者のなかには、記事作成以外にも調査や分析などを依頼できることもあります。

ブログやコラムでの集客が初めてという場合は、専門の業者に任せることもおすすめの方法です。

また、サービス内容によってはブログ以外にもSNSなどに記事を流用することもできます。

デメリット

一方でデメリットは、大手の専門業者ほど費用が高くなるという点です。単価が安い業者もありますが、その場合は条件に「校正をしない」こともあるため、品質が下がる可能性があります。また、数ある業者のなかから外注先の選定や、取引の交渉などに時間を要することもデメリットとして考えられます。

外注先が決定すれば、綿密な打ち合わせをする手間が発生しますが、良い業者に出会えれば満足できる品質に仕上がることでしょう。

クラウドソーシングでライターを探して依頼する

メリット

クラウドソーシングのサービスは、専門業者と比較すると費用が安いことがメリットです。

また、専門のスキルを持った人材を募集することも可能です。

クラウドソーシングのサービスを利用している方は100万人以上もいるため、短時間で必要人数を確保できることもメリットの一つです。なかには独立している方や、フリーランスの方も多くいます。そのため、信頼できる方と契約できれば長期的にライティングを依頼することも可能でしょう。

デメリット

クラウドソーシングのサービスには、初心者からベテランまで幅広いライターがいます。

つまり募集をする際は、予算と求めるスキルが合っているのかどうかを自社で検討する必要性があり、それの負担がデメリットの一つとして挙げられるでしょう。

また、クラウドソーシングのサービスは、コンテンツの作成を多数の人に依頼すると言う特性上、品質に差が出てしまうこともあります。

そのほかの注意点としては、発注者自身もSEOに関する知識など基本的なスキルがないと、ライターへ適確な依頼をすることが難しく、記事の品質や方向性が定まらないものになってしまう可能性があります。

葬儀社様のご依頼はエフエーエスに

葬儀業界のなかで変革が起きている昨今では、ブログやコラムなどのコンテンツの必要性が高まってきており、実績ある専門業者への依頼が増えてきています。

エフ―エーエスは、全国の葬儀屋・葬儀社様のコラムの執筆代行、記事作成サービスのご対応が可能です。

また、SEO対策に関する知識もあり、経験のあるライターが執筆いたしますので、ブログ運営が初めての方でも安心してご利用いただけます。その他にもホームページの新規作成や、SNS運用に関するお手伝いもおこなっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事