toggle
https://fas-sol.co.jp/words/%e3%80%902021%e5%b9%b4%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81sns%e9%81%8b%e7%94%a8%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81/企業がSNSを運用するメリット|Instagram(インスタグラム)編
2023-12-06

葬儀屋(葬儀社)のブログは何を書けばいい?ネタ出しの方法と事例を紹介

これまで少子高齢化問題から需要が高まるはずであった葬儀屋ですが、核家族化や近年の新型コロナウイルスの影響から葬儀の小規模化が進んでいます。

また、大手の異業種が多種多様な葬儀サービスを展開するようになり、他社との価格競争も激化しています。

しかしこのような厳しい現状の中でも、他社と差別化を図り自社の集客を向上させる方法がブログによるWeb集客です。

今回は葬儀屋のブログの書き方と併せて、記事のネタ出し方法やタイトル例までご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

葬儀屋のブログ、いったい何を書けばいい?

ブログの開設は無料あるいは安価なうえ、文字さえ入力できれば誰でも挑戦できる手軽さから「Web集客は初めて」という方でも安心して始められるコンテンツといえます。

そしてブログを始めることで多くの人に自社を知ってもらえるようになり、ブログ読者から実際に問い合わせを受け、そのまま見込み客の獲得につながる可能性が高くなります。

しかしこのように誰でも始めやすいブログですが、集客につなげるためには定期的に記事を執筆して更新をし続けなければなりません。

そのため「ブログを始めてみたけれどいったい何を書けばいいか分からない」というお悩みは多く寄せられています。

このようなお悩みをお持ちの方やブログをこれから始められる方に向け、ブログのネタ出しの方法と具体的なブログのタイトル例をご紹介します。

葬儀屋の情報を探している人の悩みや疑問を解決する

・ブログの読者イコール、悩みや疑問を持っている人

本記事を閲覧してくださっている方の多くは、インターネットで気になる疑問を調べる際には「商品名+使い方」「サービス名+相場」「サービス名+おすすめ」などといったように疑問に関連するキーワードを入力して検索をかけるでしょう。

そして検索エンジンに表示される、関連したブログやホームページを閲覧するのではないでしょうか。

そもそもブログユーザーがブログにたどり着くのは、特定の悩みや疑問を解決したい場合がほとんどです。

葬儀屋のブログも同じく、葬儀についての疑問を解消したい人が検索しそうなキーワードと、それに対する回答を書くことが大切です。

なお悩みや疑問に対する回答の記事を投稿することで自然とブログのコンテンツ量が増え、更新を続けやすくなることに加え、Web集客において必要なSEO対策にも対応できるというメリットが得られます。

・社内のできごとは書いてはダメ?

「葬儀の疑問に関する内容だけでは更新し続けるのが難しい」「社内の出来事をブログに書くのはNGだと目にした」と、とくにブログを始められたばかりの方からはこのような疑問が寄せられます。

社内の出来事については、条件はありますがブログに書いてもOKです。

例えば親近感や信頼感の伝わる内容や利用者様とのエピソードなど、検索エンジンの上位には上がらないかもしれない記事だとしても、ブログを閲覧する見込み客が自社に好印象を持ってくれそうな記事であれば投稿しても良いでしょう。

ただし、お役立ち・お悩み解消記事とのバランスに注意が必要です。

そして利用者様とのエピソードは個人の特定につながる恐れがあるため、ある程度のフェイクをいれるなどして個人情報の取り扱いに十分注意しましょう。

・記事のネタ出しのやり方は?

ブログを続けるうえで必要な「ネタ出し」ですが、ネタ切れになりブログの更新をやむなく放棄してしまう方は少なくありません。

そこで次からは、ブログを継続させるためのネタ出しの方法についてご紹介します。

・利用前や利用中のお客様の疑問を書き出す

実際にお客様とやり取りをする際「〇〇って何?」と葬儀に関する用語について尋ねられたことがある方も多いのではないでしょうか。

また「〇〇って□□じゃないの?」と、お客様がよく誤解していることについて説明をした経験もあるのではないでしょうか。

このような自身の体験を思い出して、どんなに小さな疑問でもまずは書き出してみましょう。

葬儀業界の人にとって当たり前のことでも、見込み客にとっては有益な情報になることは多くあります。

・その疑問に回答する記事を書く

お客様から寄せられる疑問の答えは一つだとしても、可能な限りオリジナルの体験を元に書くのが良いでしょう。

なぜなら、どこにでも書いてあるような内容よりも、オリジナリティのある情報のほうが見込み客のためになる=検索エンジンからも有益な記事として評価されやすくなるからです。

また、同業他社のブログの「よくある質問」などを参考にするのも一つの方法です。

その際、回答のコピペは絶対にしないように気を付けましょう。

コピペをしてしまうと検索エンジン側からペナルティとして、自社のブログが検索上位に出てこなくなる可能性が高くなります。

集客に悪影響を及ぼすうえ、著作権の侵害にあたるおそれもあるため絶対にやめましょう。

もし他社ブログを参考にする場合は「自分ならお客様にこう回答する」と考えて執筆しましょう。

*葬儀屋のブログ記事のタイトル例

「そうは言っても、何を書けばいいか分からない・・・」という方のために、ブログ記事のタイトル例を20個ご紹介します。

これらを元にぜひ、ブログ記事のアイディアを広げてみてください。

・葬儀の費用相場はいくら?地域や家族構成で変わる?

・葬儀の流れと準備は?知っておきたい基本知識

・葬儀の種類と選び方?宗教や宗派で違う?

・葬儀のプランニングのポイントは?

・葬儀の費用を抑える方法は?

・葬儀の保険や葬儀預金って?

・葬儀の相続税は?

・葬儀の遺品整理は?

・葬儀の法要や法事はどうする?

・葬儀の心得やマナーは?

・葬儀会社の選び方のポイントは?

・葬儀会社の口コミや評判は?

・葬儀会社の見積もり比較は?

・葬儀会社の葬儀事例は?

・葬儀会社の葬儀サポートは?

・葬儀会社の葬儀費用の分割払いは?

・葬儀会社の葬儀保険は?

地域情報を含めるのも有効

商圏地域に独自の風習や葬儀マナーがある場合は、タイトルに地域名を含めて紹介するのも有効です。

また、記事タイトルに地域名を含めることで、その地域の人がブログ記事を読んでくれる可能性が上がります。

~具体例~

【東京】葬儀の費用相場はいくら?地域や家族構成で変わる?

【名古屋】葬儀の種類と選び方?宗教や宗派で違う?

ただしタイトルのキーワードと記事本文の内容が異なると、検索エンジンは「タイトルの情報を知りたいユーザーには役に立たない記事」と判断してしまい、検索順位が下がる可能性があります。

地域名を含める場合に限らず、タイトルと記事内容には差異がないよう注意して執筆するようにしましょう。

まとめ

葬儀屋のブログを閲覧するほとんどの方は、葬儀に関する悩みや疑問を抱いているといっても良いでしょう。

そのため、ブログに何を書けばいいのか悩んだ際はまず、実際に業務の中でお客様からよく聞かれる質問や疑問をささいなことでも書き出しておき、それに回答する形の記事を書くのがおすすめです。

また、ブログ記事のタイトルに地域名を含めることでその地域のユーザーがブログを読んでくれる可能性が高まるので、今回ご紹介したブログ記事のタイトル例とともにぜひご活用ください。

なお株式会社エフエーエスは、全国の葬儀屋・葬儀社様のブログの執筆代行サービスの対応が可能です。

ユーザーが必要としている情報からキーワードの選定を行い、集客には欠かせないSEO対策に最適なブログを当社の経験豊富なライターが執筆いたします。

「ブログの執筆に時間をかけられない」「ブログの開設は初めて」という企業様からご好評をいただいております。

ブログの執筆にお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

葬儀社様のご依頼はエフエーエスに

葬儀業界のなかで変革が起きている昨今では、ブログやコラムなどのコンテンツの必要性が高まってきており、実績ある専門業者への依頼が増えてきています。

エフ―エーエスは、全国の葬儀屋・葬儀社様のコラムの執筆代行、記事作成サービスの対応が可能です。

また、SEO対策に関する知識もあり、経験のあるライターが執筆いたしますので、ブログ運営が初めての方でも安心してご利用いただけます。その他にもホームページの新規作成や、SNS運用に関するお手伝いもおこなっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

SEOに強いブログ・コラム執筆

株式会社エフエーエスのSEOコンサルタント/コンテンツ記事・コラム作成

ホームページ制作

株式会社エフエーエスのホームぺージ作成

SNS運用代行

株式会社エフエーエスのSNSプロモーション/SNS運用代行/SNS広告出稿

媒体を連携したWebマーケティング

株式会社エフエーエスのサービス一覧

 

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

エフエーエス資料ダウンロード

エフエーエス

SNS運用代行について
関連記事